ひゃくはち

やや体調が悪かったので、わかりやすい邦画で、爽やかなスポーツもの、しかも尺が短めな本作をチョイス。

レギュラーには頑張ってもなれなさそうな万年補欠の二人が主人公。
万年補欠といえど、その高校自体は春の選抜甲子園で準優勝に輝くなど、全国トップクラスの強豪校。毎日毎日毎日毎日野球漬けの日々。

彼らはもちろん最終的には試合に出たいのだが、まずはベンチ入りメンバーに入らなければならない。

甲子園での本戦は、春夏ともにベンチ入りメンバーは18人。
地方大会では(少なくともこの映画では)20人。

レギュラー陣に負けない努力をしても、補欠の彼らの力がレギュラーの力を凌ぐことはない。
それを彼らもうすうすわかってはいる。

 - ad -

主人公である雅人(斎藤嘉樹)が、新人のスポーツ記者(市川由衣)に対して、「甲子園の応援席には一年生の頃から厳しい練習に耐えて来たにもかかわらず、グラウンドさえ踏めない人がいることを忘れないでください」と云う。

好きでやっているとはいえ、重い言葉である。

ファーストに新一年生のバッティングが強い奴(山田健太)が入ってくることを知り、親友である雅人のポジションであるサードへのコンバートを決めるノブ(中村蒼)。二人はライバルとしてガムシャラにベンチ入りを目指して練習に励む。

夏の予選を前にして、いよいよベンチ入りメンバーの発表。雅人は19番を手にする。雅人から電話でベンチ入りしたことを告げられた父親(光石研)は妻の遺影の前で泣き崩れる。それぐらい大きなことなのだ。

ノブも、一度はベンチ入りから外れ涙を流すも、一年生の怪我を受け繰り上げでベンチ入りとなり、二人で喜びをかみしめる。

それでも忘れてはいけないのは、これはまだ予選であって、本戦のベンチ入りは18人で、彼ら二人にとってはギリギリの状態であるということ。

ヨコハマスタジアムでの県予選決勝、9回のピンチの場面で、雅人が伝令として走る。そこで今まで二人で練習していた、こけて皆の緊張をほぐす技を披露する。

ナインの緊張はほぐれマウンド上で、伝令の彼を含め輪になり指でナンバーワンを作って天にかかげ、エンディングとなる。
補欠ではあるが、その輪の一員である雅人。自分もなりきって鳥肌が立ったシーン。

自分が野球に関わっていたというのもあるし、レギュラーと補欠の違いというのもわかるし、我が事のように見てしまった。

このままいくと仮に甲子園に出場できても、あの二人がベンチ入りできる確率は低いだろう。そういう意味で夢物語ではない。

そこが良くもあり、物足りなさを感じるところでもある。

なお、主人公を含め、野球部員の大半はタバコを吸っている。本当のことなのかもしれないが、よく映画にすることが許されたなと感じた。タバコは野球部員のサプリメントみたいなものとまで言わせてしまうとはなかなかな攻め方。

役者陣では監督サンダー役の竹内力についつい目が行ってしまう。演技自体は可もなく不可もなく。
市川由衣はやや弱いかなという印象。高良健吾は本当に球児にいそうな雰囲気を醸し出している。
雅人に大学生の恋人、しかも三津谷葉子が演じるような女性というところに違和感あり。

製作総指揮: 永井拓郎
製作: 木滝和幸
監督・脚本: 森義隆
原作: 早見和真
撮影: 上野彰吾
美術: 松葉明子
音楽: 湘南之風
出演: 斎藤嘉樹 / 中村蒼 / 市川由衣 / 高良健吾 / 北条隆博 / 三津谷葉子 / 有末麻祐子 / 橋本一郎 / 太賀 / RED RICE / VERBAL / 小松政夫 / 二階堂智 / 光石研 / 竹内力 / 桐谷健太 / 山田健太(立花、一年生) / 平田貴之 / 阿部亮平 / 岡西里奈
配給: ファントム・フィルム
公開: 2008年8月9日
上映時間: 126分
 
【世間の評価】 ※2016.3.18時点
CinemaScape: 4.3/5.0 (31人)  
Yahoo! 映画: 4.09/5.00 (164人)
IMDb: 6.5/10 (17人)
 
@DVD