200poundsbeauty

韓国的ラブコメもたまには悪くないかなと思って観てみたが、結果的にかなりきつかった。

何よりも、主演のカンナ(&ジェニー)のキャラクターが引っかかった。
死ぬ気で全身整形をしたくせに、腹が据わっていない。

「努力は誰でもしている。大事なのは実力だ」というプロデューサーであるサンジュンのセリフにも現われているが、カンナ(&ジェニー)の努力している姿には一切スポットが当たらないうえ、嘘をつき、それがバレるとおどおどしている姿を見せられると、どうしても彼女に共感できない。

また、カンナが想いを寄せるサンジュンが嫌なやつだというのは全然かまわないが、それが後半揺らいでくるのが気持ち悪い。もっと嫌な奴のままでいて欲しかった。

カンナのライバル的立ち位置の口パク歌手アミも、ビジュアルも性格も中途半端。

と、主要の登場人物のキャラクター設定が、自分の趣味に合わないままエンディングまで迎えたしまった作品となった。

「カンナさん大成功です!」のあらすじ

身長169cmにして体重95kgの女性カンナは、その美声を活かし、人気ポップ歌手アミのゴーストシンガーをしている。アミのプロデューサーであり、カンナの音楽性を認めてくれた唯一の人であるハン・サンジュンにひそかに想いを寄せていたが、サンジュンの誕生日パーティーで彼の冷酷な本音を知ってしまう。失意のカンナは自らの命を絶つことを考えたが、命がけで全身整形手術に踏み切る。1年後、美しく生まれ変わったカンナは、韓国系アメリカ人「ジェニー」として再びサンジュンの前に現れ、瞬く間にスターの階段を駆け上っていくのだが…。

そんななか、整形前のカンナのビジュアルが、これは特殊メイク等でこうなっているってことはわかっているうえで見ても、もともとこういう人なんじゃないかと思うほど、もとのビジュアルが想像つかないところには驚かされた。目線の動かし方や、立ち方、歩き方、話し方などなどトータルでコンプレックスを抱えるカンナを作り上げている、その手腕の見事さ。

印象に残ったシーンも多少はあるので、以下、ネタバレも含みつつ、振り返る。

 - ad -

200poundsbeauty_01
カンナの見事なまでのブサイクっぷり。

整形後のジェニーは確かに可愛くはあるが、服屋でマネキンの来ている衣装そのまま頭からつま先まで買って、”Beatiful Girl”をBGMに街を闊歩するダサさ。
200poundsbeauty_07
といいつつも、全編通して一番印象に残っているのはこのシーンだったりする。

ジェニーの可愛さという点では、上の服装に着替える前の、病院から失敬した?ナース服の方が全然可愛い。
200poundsbeauty_02
これは表情含めて可愛い。ジェニーを演じるキム・アジュンを見ていて、ユン・ソナを思い出した。韓国美人の典型の一つなのだろうか。

200poundsbeauty_05
写真左が、カンナが口パクしていた人気歌手のアミ(ソユン)。この子があまり魅力的に見えないのが作品として大きな問題。

200poundsbeauty_06
ファンの前で、自分は整形しており、後ろの映像に映っているのが本当の私だと告白する有名なシーン。
必要なシーンだとは思うが、それ以外のところで作品に興味を失っており、なんだかピンと来なかった。

200poundsbeauty_08
韓国らしく焼肉屋?で、友人であり仕事名前でもあるジョンミン(キム・ヒョンスク)と。
ジョンミンは結構強い印象を残したが、整形後のジェニーとの距離の取り方に違和感あり。
ラスト、ジョンミンも整形手術に受けに行くところで終わるのは、悪くなかったが。

200poundsbeauty_03
会長と息子の社長。この二人が出す雰囲気は悪くない。

200poundsbeauty_04
そばの出前で、後にジェニーの熱烈なファンとなる男。良いキャラクター。
見覚えのある顔だなと思っていたら、ポン・ジュノの傑作『殺人の追憶』にも出演していた。

 
最後に、バージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
200poundsbeauty_en
英語バージョン。

製作総指揮: パク・ムスン
製作: パク・ムスン、ウォン・ドンヨン
監督: キム・ヨンファ
脚本: キム・ヨンファ、ノ・ヘヨン
原作: 鈴木由美子
撮影: パク・ヒョンチョル
美術: チャン・グニョン
音楽: イ・ジェハク
衣装: チョ・サンギョン
出演: キム・アジュン(カンナ / ジェニー)、チュ・ジンモ(ハン・サンジュン)、ソン・ドンイル(チェ会長の息子、レコード会社の社長)、キム・ヒョンスク(ジョンミン、カンナの友人、バックダンサー)、イム・ヒョンシク(カンナの父)、イ・ハヌィ(整形外科医、テレクラの客)、ソユン(アミ、カンナが口パクしていた人気歌手)、イ・ボムス(タクシー運転手)、キム・ヨンゴン(チェ会長、レコード会社の会長)、パク・ヒスン(チョルス、カンナの初恋相手、小切手を渡したっきり)、パク・ノシク(出前の店員)、イ・ウォンジョン(占い師、観相の達人)、リュ・スンス(交通警察)
編集: パク・ゴクジ、チョン・ジンヒ
製作: リアライズ・ピクチャーズ、KMカルチャー、パク・ムスン、ウォン・ドンヨン
上映時間: 116分
キャッチコピー: 整形、OK? 過去と脂肪を捨て、愛を手に入れられるのか?
 
@Amazon Prime Video