anydaynow

どんな内容だかはまったく知らずに見たら、LGBTものだった。それもまあまあ激しめの。

ショーパブ的なゲイバーでステージに立つルディ(アラン・カミング)の姿は、「プリシラ」を思い出させてくれた。

ルディは、住まいの隣室で、育児をほぼ放棄している母親(ジェイミー・アン・オールマン)が麻薬所持でつかまったがために孤児院的なところに送られようとしていたダウン症の子どもマルコ(アイザック・レイヴァ)を、ポール(ギャレット・ディラハント、州検察官)の力も借りながら引き取ろうとする。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

収監されている母親からサインをもらい、一旦は臨時の監護権を手にするが、ポールの上司(もしくは同僚、クリス・マルケイ)が二人はゲイカップルだということを通報し監護権は剥奪。マルコも奪われる。

ポールは職も失うが、あらためて二人力を合わせ、裁判で永久監護権を手に入れようとする。

しかしながら、二人がゲイカップルなうえに、マルコを営業中ではないとはいえゲイバーに連れて行ったことがあったり、二人が子どもの前で(セクシーな)キスをしていたり、ハロウィンの時とはいえ女装姿をマルコに見せていたりした点を懸念され、許可は下りず。
(今もアメリカの世間の目はそんなものなのかと思っていたら、そもそも時代設定が1979年だった。)

新たに有能な黒人弁護士(ドン・フランクリン)を雇って控訴するが、件のポールの元上司が手を回して母親を出所させたうえ監護権の復活を請求させ、二人がマルコに近づくことを禁じる裁判所命令まで出させた。

その後、マルコの母は以前と変わらずドラッグに溺れ、マルコをないがしろにする。
結果、マルコは二人を探して三日間街を彷徨い、命を落とす。

途中で三人の幸せな時間を過ごすシーンがやや長めに差し込まれた時点で、その後に来る試練は想像できたが、なんともやりきれないアンハッピーエンド。

anydaynow_marco
ただ、このマルコの笑顔に救われる。あの笑顔は、他の役者には出せない、他人を幸せにする力がある。

ゲイカップルへの偏見が当時のアメリカではまだ存在していたこと、ダウン症の子どもを育てることの大変さがあらためて感じられた。

ゲイの二人ともキャラクターは嫌いではないが、ルディのビジュアルに対しては、ところどころ生理的にキツいものを感じるのを拭いきれなかった。

尺が短いというのもあるが、ラストがあっさりし過ぎている嫌いがあり、やや物足りなさが残った。
なお、いろんな映画祭で賞をとっているようだが、IMDbでの視聴数が5000以下とかなり少ないのが気になる。

原題の「Any day now」は「いつか近いうちに」のようなニュアンス。映画の結末を知るとせつない
一方「チョコレートドーナツ」という邦題は、マルコの笑顔を思い出せてくれる。これは、なかなかイカしていると思う。

原題: Any Day Now
製作総指揮: マキシン・マコーヴァー / アン・オシェア / ダン・スケアイン / ウェイン・ラルー・スミス
製作: トラビス・ファイン / クリスティーン・ホステテッター・ファイン / チップ・ホーリハン / リアム・フィン
監督: トラビス・ファイン
脚本: トラビス・ファイン / ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影: レイチェル・モリソン
美術: エリザベス・ガーナー
音楽: ジョーイ・ニューマン
衣装: サマンサ・キュースター
出演: アラン・カミング(Rudy Donatello) / ギャレット・ディラハント(Paul Fliger) / アイザック・レイヴァ(Marco) / フランシス・フィッシャー(Judge Meyerson) / グレッグ・ヘンリー(Lambert、prosecuting attorney) / クリス・マルケイ(District attorney Wilson) / ドン・フランクリン(Lawyer, Black guy) / ジェイミー・アン・オールマン(Marco’s mother) / ケリー・ウィリアムズ(Teacher) / アラン・レイチンス(Judge Resnick) / ミンディ・スターリング(調査官) / ダグ・スピアマン(Gay Performer) / ランディ・ロバーツ(Gay Performer) / ミラクル・ローリー(Paul’s colleague) / マイケル・ヌーリー / ジェフリー・ピアース / クライド・クサツ(Doctor)
配給: Music Box Films(米)、ビターズ・エンド(日)
公開: 2012年12月14日(米)、2014年4月19日(日)
上映時間: 97分
 
【世間の評価】 ※2016.4.11時点
CinemaScape: 3.9/5.0 (26人)  
Yahoo! 映画: 4.22/5.00 (1,009人)
IMDb: 7.5/10 (4,575人)
 
@DVD