beinggood

あらすじを読んだ段階で、痛々しい話であることは察しはついたが、実際に予想を裏切らない内容だった。

本作は3つの社会問題を扱っているが、特に、子どもへの虐待と、学級崩壊気味の小学校クラスの様子が見ていてつらかった。

激しい内容とまではいかないが、しっかりと心を抉ってくる映画であることに間違いはない。

そのあたり、心して観るべき作品だ。

「きみはいい子」のあらすじ

桜ヶ丘小学校4年2組の新任教師・岡野は、まじめだが優柔不断。生徒とうまく信頼関係を築けないばかりか、モンスターペアレントにも悩まされる日々。恋人との仲もギクシャクしている。夫が海外に単身赴任中の主婦・雅美は3歳の娘・あやねとふたり暮らし。ママ友とはソツなく付き合い、良いママを演じているが、幼時に自分自身が親から暴力を振るわれていたことを忘れられず、自宅で娘と二人きりになると、つい手を上げてしまう。他人と会話をかわすのは、下校の途中で挨拶をしてくれる名も知らぬ小学生だけという、孤独な一人暮らしの老人あきこ。スーパーで代金を支払わずに店を出てきたところを店員に呼び止められ、認知症を心配するようになる。それぞれに悩みや不安を抱えた彼らは同じ町で暮らしている。やがて人と人とのつながりが生まれ、ささやかな希望が芽生え始める…

この映画は、1つの町に住む人々の、3つのストーリーから構成される。

1つ目のストーリーのテーマは、子どもへの虐待。

雅美(尾野真千子)は子どもが言うことを聞かないと、ついカッとなって手が出てしまう。
私自身、子どもはいないが、この心持ちは容易に想像ができるだけに、娘に手を上げ、娘が泣くとそれにも怒り、それで娘がさらに怯えるという負のスパイラルが止まらない様子は見ていられなかった。
自分自身に虐待された経験があると、自分の子にも手が出やすいということを、私は知らなかった。

2つ目は、学級崩壊一歩手前、モンスターペアレント対応を含めた苦境下にある教師の話。
新米小学校教師の岡野(高良健吾)。
生徒から信頼されていないため、話が子どもたちにひびかないし、なめられていて言うことをきいてくれない。それも男女問わず。

やりたい放題の子どもたちに、観ているこちらも苛々させられる。
子どもは残酷だ。

自分が一番生理的に嫌だったのは、授業中におしっこをもらした男の子が、別の日にやんちゃな子にランドセルを投げてつかみかかっていくところで、女の子の一人が、「みんなちょっと聞いて」と注意を集めたうえで、「ランドセルを人に投げていいんですかー?」と問いかけるところ。あー、こういう子いたな~と懐かしくもありつつ、嫌悪感スイッチを見事に押してくれた。

学級がまとめられていないなかで、さらに、おしっこをもらした男の子の親や、いじめを受けている女の子の親からは、厳しい言葉が投げかけられる。
常々思うことだが、なぜに親は学校にそんな手厚い保護を期待するのだろうか。

3つ目のストーリーの主人公は、一人暮らしの老婆(喜多道枝)。
普段コミュニケーションをとる相手がおらず、痴呆気味。唯一声をかけてくれるのは、やや頭が弱そうな小学校帰りの生徒。「こんにちは、さようなら。こんにちは、さようなら」と。

3つのストーリーを通して、人と人がからむ社会問題をうまくとりあげている。
そして、3つのストーリーともに、子どもがキーとなる。

説明的な描写は少なめで、押しつけがましくない。
3つの話が、ゆるく絡んでいる構成も含め、絶妙な塩梅の脚本だ。

が、自分がこのテーマがどうも苦手だということもあり、高い評価とまではいかなかった。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

雅美を演じる尾野真千子。『そして、父になる』と同じく小さい子を持つ母親役だったが、本作のほうが主張が強い役で、見応えがあった。
beinggood_07
娘に手を上げる雅美。見ていて一番つらいシーン。

雅美を救ったのは、同じように自らも児童虐待されていた過去をもつママ友の陽子の理解と、娘あやねの言動。
陽子に「うちの子になる?」と聞かれるたびに、「いやだ」と言って雅美に寄り添うあやね。その姿は少しずつ雅美の心を動かしている。
beinggood_04
雅美の感情が爆発したところで止めに入る陽子。

陽子を演じる池脇千鶴は、いもっぽい雰囲気を敢えて出しているのだろう、普通の人っぽい安心感がハンパない。
beinggood_03
あか抜けない普通の主婦役が非常にハマっていた。

 
岡野を演じる高良健吾。つい最近観た『横道世之介』でも思ったことだが、彼は作品による雰囲気があまりに違う。素晴らしい役者だ。
(そういえば、『横道世之介』に続き、黒川芽以がこれまたチョイ役で出ていることに驚き。しかも二人はいずれも恋人か、元恋人という役柄!)
beinggood_01
それしても先生は本当に大変だ。毎日がさぞや目まぐるしいことだろう。
beinggood_02
岡野に迫る神田くんの継父(浅川蓮)。どんよりとした風貌といい、短い登場ながら強い印象を残した。

岡野は、姉の息子にハグされながら「がんばって」と言われると、図らずも優しい気持ちになる。そしてその経験から、「誰かに抱きしめてもらうこと」を生徒たちへの宿題とし、それをきっかけに生徒たちと話し合うことで生徒との関係性がかわりはじめる。
beinggood_06
岡野の姉を演じる内田さんは、もう立派なバイプレーヤーだなあ。
多くの作品に出演し、しっかりと存在感を示している。声に特徴があるから、絶対に見つけてしまうというのもあるだろう。
「母が子どもに注いだ愛が、他人を幸せにしている」「母親ってすごい仕事じゃない?」というセリフも心に響いた。

beinggood_05
ハッシュ』といい、安定感ある演技に惹き込まれる高橋和也。気づけば彼のファンになりつつある自分。

 
老婆、佐々木あきこは、個別支援学級(昔は養護クラス、特殊学級のように呼ばれていた)の生徒、弘也に元気をもらい、彼の良さを見抜く。
そして、彼を手放しで誉めることで、その母(富田靖子)に感動を与える。このくだりは胸が熱くなる。
beinggood_08
老婆を演じる喜多道枝。落ち着いた佇まいのなかで、ちょっとボケているのかなと思わせる表情を挟んでくる演技が自然。

個別支援学級の生徒、弘也を演じる加部亜門の演技が素晴らしい。今後の活躍が楽しみな役者だ。

 
ラスト、岡野は、登校していない神田くん(作中では、男女ともに、さんづけで呼ばないといけないが)に好物の揚げパンを届けようと神田の家へ向かう。そこでも校舎の時計が17時をさしているのを見て、ダッシュする。
このあたりを筆頭に、わかりやすい説明は省かれている。このセンスはなかなか。

雅美が、他の家のインターホンをならす前に、家の中の様子を伺うというシーンが2回あるが、これもおそらく雅美の小さい頃のトラウマの結果だと思うが、その説明はされない。
ここも説明が少なめな箇所の一つ。

3つの話が、ほんの少しずつは関わっているが、がっつり絡んではいない。
岡野が、弘也がパニックになっていたり、歌っていたりするのに接するところが、いちばん近づくシーンだ。
逆にいうと、この1か所は結構近づき、岡野は何かしらかの影響は受けているのだから、別の接点をもう少し設けてもいい気はした。
その点は少し気持ち悪さが残った。

いやあ、いい映画だとは思う。
希望がもてるラストも悪くないんだがなー。
単に好みの問題だな。

 
最後にバージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
beinggood_another
スタイリッシュ。孤独感を出そうとしている?

beinggood_another2
先生と生徒の絆を表現。

何パターンも違うデザインがある作品は珍しい気がする。

製作総指揮: 川村英己
製作: 星野秀樹
監督: 呉美保(お みぼ)
脚本: 高田亮
原作: 中脇初枝
撮影: 月永雄太
美術: 井上心平
音楽: 田中拓人
衣装: 兼子潤子
出演: 高良健吾(岡野匡)、尾野真千子(水木雅美)、三宅希空(水木あやね、雅美の娘)、池脇千鶴(大宮陽子)、高橋和也(大宮拓也、同僚の先生、個別支援学級担当)、喜多道枝(佐々木あきこ、老婆)、黒川芽以(丸山美咲、岡野の彼女)、内田慈(岡野薫、岡野姉)、浅川蓮(神田雄太、岡野が気にかけている生徒)、松嶋亮太(田所豪、雄太への虐待が疑われる男)、加部亜門(櫻井弘也、個別支援学級生徒)、富田靖子(櫻井和美、弘也の母)、小林なるみ(学年主任)、近江宣夫(副校長)、黒沢光春(校長)
主題歌: Takuto Tanaka featuring Vasko Vassilev 「circles」
編集: 木村悦子
制作会社: アークエンタテインメント
製作会社: 「きみはいい子」製作委員会
配給: アークエンタテインメント
公開: 2015年6月27日(日)
上映時間: 121分
 
@Amazon Prime Video