bluejasmine

ウディ・アレン自身は出演しない、ウディ監督作。

その意味では、最近観た中だと『マッチポイント』と同じ構成だが、マッチポイント同様、男が見ていて嫌になる女性の醜い部分をまざまざと見せつけてくれる作品ではある。

主人公のジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、事業で成功した夫(アレック・ボールドウィン、そこはかとない胡散臭さがナイス)と大金持ちの暮らしをしているなか、旦那が詐欺で逮捕され、生活はめちゃくちゃになり、サンフランシスコ在住の昔は疎んでいた妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のもとへ転がり込む。

ジャスミンは、冒頭の登場シーンから喋りっぱなし、自己中を絵に描いたような人間で、一文無しになっているのに、ニューヨークからサンフランシスコまでファーストクラスで来ていたり、ヴィトンのバッグを何個も持っていたり、学校で勉強したいなどど能天気なことを言ってみたり、まるで必死さが感じられない。

基本的には嘘つきで見栄っ張りで可愛くもなく、まあまあ良い歳で、腹立たしい女だが、根っからの悪党でもなく、不器用さも目立つため、芯からは嫌いになれない独特のキャラクター。ケイト・ブランシェットが上手く演じ切っている。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

ジンジャーの彼氏チリ(ボビー・カンナヴァル)はデリカシーとかまったくない野郎だが、ずけずけとジャスミンに対して文句を言って来る。
bluejasmine_04
ねちっこさが風貌にも表れているチリ(左)と、やつが連れてきた、これまたデリカシーゼロの友達(右)。

チリとジャスミンはお互い軽蔑していて、ジャスミンもチリに対して攻撃的だが、精神が不安定なジャスミンは自分がディスられると、精神安定剤やお酒なしではやってられない。
bluejasmine_02
何度も家の中で、このウォッカを煽るのだが、この姿は西洋っぽいなと。日本ではアル中の人がウォッカを飲むイメージが薄い。

 
落ちぶれた今の生活と、華やかな昔の生活のシーンが、交互に挟まれる。
前半部分では、今は良いところなし、昔は良いところだらけ。
しかし、だんたんと今の生活に慣れ、良いことも起こってくる。パーティで出会いもある。
一方、昔の生活は、夫の浮気が公然となり、狂い始める。

夫が詐欺で逮捕されたことは早々に説明描写があったし、逮捕後、刑務所に入る前にロープで首を吊って自殺したという情報は、前半部で明かされていた。
しかし、どういう経緯で逮捕にいたったかは明かされていなかった。
それが、夫が浮気を認めた昔のシーンで、唐突に明らかになる。

そして、現在のシーンでは、夫の逮捕後、大学をやめて家を出、音信普通になっていた息子のダニー(アルデン・エーレンライク)を発見するが、息子からはジャスミンがやったことを罵倒される。

今のシーンと、昔のシーンの繋げ方。そして、情報の出し方のコントロール具合が見事。

bluejasmine_01
再び、何もかも失ったジャスミンは公園のベンチに座り独り言をぶつぶつと話す。ひどい顔で。

自業自得だから同情する気はさらさら起きないが、その姿を見ていると、最初の頃よりは、ジャスミンというキャラクターがほんのりと受け入れられるようになっている自分に気づく。

めちゃくちゃなキャラクターで、突き放して描いてはあるが、監督の愛着もちゃんと感じられる。

他にあまり類を見ない、技ありな構成の作品だった。

役者で目を引いた一人が、ジャスミンの血のつながりがない妹のジンジャーを演じるサリー・ホーキンス。顔が取り立てて可愛いわけではないが、愛嬌がある。自分に自信がないから、男にふられると、すぐに前の男に戻る。その弱さが愛おしくもあった。
bluejasmine_03
パーティで出会い意気投合したジャスミンとアル(ルイス・C・K)。アルが実は結婚してて、ジャスミンをいわゆる”セフレ”としてしか見ていなかったという設定には笑わされた。褒め上手のアルがモテそうな雰囲気なのは納得できるところ。

製作総指揮: リロイ・シェクター / アダム・B・スターン
製作: レッティ・アロンソン / スティーヴン・テネンバウム / エドワード・ウォルソン
監督: ウディ・アレン
脚本: ウディ・アレン
撮影: ハビエル・アギーレサローベ
美術: サント・ロカスト
衣装: スージー・ベインジガー
出演: ケイト・ブランシェット(Jasmine) / アレック・ボールドウィン(Hal) / サリー・ホーキンス(Ginger) / ルイス・C・K(Al, attracts Ginger at a party) / ボビー・カンナヴァル(Chili, Ginger’s boyfriend) / アンドリュー・ダイス・クレイ(Augie, Ginger’s ex-husband) / ピーター・サースガード(Dwight, Jasmine’s boyfriend) / マイケル・スタールバーグ(Dentist) / マックス・カセラ(Eddie, Chili’s friend) / アルデン・エーレンライク(Danny, Hal’s son) / チャーリー・ターハン(Young Danny) / Joy Carlin(woman on plane) / リチャード・コンティ(woman’s husband) / Glen Caspillo(cab driver) / キャシー・トング(Raylene) / Annie McNamara(Jasmine’s friend Nora)
 
【世間の評価】 ※2016.10.11時点
CinemaScape: 3.9/5.0 (37人) 
Filmarks: 3.6/5.0 (7,146人) 
Yahoo! 映画: 3.42/5.00 (787人)
IMDb: 7.3/10.0 (152,323人)
Rotten Tomatoes(Critics): 8.1/10.0 (200人)
Rotten Tomatoes(Audience): 3.8/5.0 (48,284人)
 
@Amazon Prime Video