otonateikoku

先日観た、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』に続いての、しんちゃんシリーズ。
この2作品が、著しく高い評価を受けているとのこと。

『戦国大合戦』に比べると、シリアスで、しんちゃん特有の下ネタ笑いは少なめ。
ラスト、親子が力を合わせ、しんちゃんが塔を上りきり、ケンと対峙するところではグっと来るものもあった。

が、自分的には、シリアスに寄り過ぎているのがどうにもしっくり来ず。

一番大きな問題点は、昭和に大人が憧れるという設定自体に、自分がリアリティが感じにくいところなのだろう。

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のあらすじ

春日部にオープンした「20世紀博」。そこは、ひろしやみさえたちが育った1970年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマパークだった。彼等はテーマパークの虜となり、子どもそっちのけで毎日のように通い続け、しまいには大人であることを放棄し街から姿を消す。そこには大人だけの楽園”オトナ帝国“建設を目論む、“イエスタディワンスモア”と名乗る組織の陰謀があったのだ。このままでは、未来がなくなってしまう! しんのすけたちカスカベ防衛隊は、大人たちと自分たちの未来を取り戻すべく20世紀博へと乗り込んでいく…

以下、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

otonateikoku_01
ALWAYS3丁目の夕日』の世界がここに。
ここに郷愁を感じるというのは、まあわかる。

しんちゃんらが、力を合わせて幼稚園のミニバスを運転するってところは良かった。
otonateikoku_04
しかもマニュアルというところがナイス。運転できる現実感0だが(笑

しかし、この後子どもたちが交代で運転し、大人らを駆逐するっていうところに、(信憑性がないのは良いとしても)笑いが足りず。
otonateikoku_05
臭い足のにおいでかろうじて正気を保つひろし。笑いの中心がコレだけだとちとつらい…

otonateikoku_02
残念ながら、敵方のケンとチャコに、怖さも、親近感も感じられず。
(※チャコの声の小林愛は、『戦国大合戦』の廉姫と同じ声優さんなんだ!?)

otonateikoku_03
ただし、ケンの愛車「トヨタ2000GT」にはグッと来た!

 
この作品が悪いっていうよりは、前回観た『戦国大合戦』が自分の好みに合い過ぎていたというだけなのだろう。

製作: 茂木仁史、太田賢司、生田英隆
監督: 原恵一
脚本: 原恵一
原作: 臼井儀人
撮影: 梅田俊之
美術: 古賀徹、清水としゆき
音楽: 荒川敏行、浜口史郎
主題歌: こばやしさちこ「元気でいてね」
出演: 矢島晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、津嘉山正種(ケン)、小林愛(チャコ)、真柴摩利(風間くん、シロ)、林玉緒(ネネちゃん)、一龍斎貞友(マサオくん)、佐藤智恵(ボーちゃん)、納谷六朗(園長先生)
編集: 岡安肇
製作会社: シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日
配給: 東宝
公開: 2001年4月21日
上映時間: 89分
興行収入: 14.5億円
キャッチコピー: 未来はオラが守るぞ!
 
@Amazon Prime Video