久々に劇場での観劇。

劇団「あひるなんちゃら」は、上演時間が短めで、内容も重過ぎず、気軽に見れる安心感、かつ、独特の不条理があって昔からお気に入り。

今回チケットを予約して久々にWebを見たら、いつも主役(級?)で芝居を引っ張っていた黒岩三佳さんが退団していたことを知る。
非常に残念。

しかも、客演ながら存在感抜群の永山さんも今回は出ていない。
これも重ねて残念。

で、観劇@下北沢OFF・OFFシアター。

 - ad -

上のお二人が出ていないのに加え、今回はホンの不条理さがイマイチで、主役の彼のみで引っ張るのは話としてつらい気がした。

もちろん劇団の色は出ていて悪くはないんだが、、、もっとほかの役者も前に出して、個性をグイグイ引っ張り出してほしかった。

グイグイといいつつ、力感がないのが大事で持ち味な気もする劇団だから難しいのかな。

数年前の感じが好きだった身としては、当事の雰囲気そのままを求めてしまうけど、今を生きる劇団の方々は昔のイメージにしがみついていられないものね。

脚本・演出:関村俊介
出演:根津茂尚、篠本美帆、三瓶大介、田代尚子、堀靖明、松木美路子、三澤さき(ゲンパビ)、宮本奈津美(味わい堂々)、森かなみ
 
@下北沢OFF・OFFシアター