ヒットラー

ネット好きの人にとっては、数年前にニコニコ動画を中心に流行った、「総統閣下はお怒りのようです」シリーズでおなじみの映画である。本来は逆の順番で見るべきものだとは思うが。。。

いつあのシーンが出てくるのか、ちょっと楽しみにもしていた。

 
閑話休題。

スポットライトを当てられているのが、ヒトラーを始めとしたナチスの首脳部と、その空間をともにしていた人々だから、戦場の最前線を舞台とした映画とは異なる。とはいえ、控えめとは言いつつも残虐なシーンはしばしば登場するし、救いなき第二次大戦モノではあるから、避けられぬことだが、やるせなく、どんよりとした気持ちになる。

邦題のとおり、ヒトラーの最後の12日間のみ描かれる。ということは、ナチスの戦局は最悪でジリ貧。そこのみを切り取ると、ナチスはなんと馬鹿なことをしているのだろうか、と思えて来る。
(ドイツ語の原題は「Der Untergang」で、英題の「Downfall」と同じく、”失墜”の意。)

ヒトラーの威厳も衰えてきている。取り巻きは忠誠を誓ってはいるが、恐れている雰囲気でもない。ヒットラーがブチあげる作戦も、戦力が弱った現場の大将陣からすれば、夢物語でしかない。

以下、軽いネタバレあり(激しいのはない)。

 - ad -

ヒトラーの、髪のセット具合、後ろに回した右手の小刻みな震え、日々悪くなる顔色、だんだんおぼつかなくなる足取り。それら全てに、ナチス全体の運命が投影されている。

ヒトラーの他、一部の人々が籠っている地下の司令部の空間は、比較的安全で汚れもせず、食事もきちんと摂れ、タバコを吸い、酒まで飲める。砲弾飛び交う環境で生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人々、そこもまた別の戦場といえる病院で戦っている人々からしたら、まったくの別世界。

必死で頑張っている現場の人間からすれば、その生温い環境は理解し難いものだろうし、怒りも湧くと思うが、上層部のやっている事だからあきらめているのか、その場に遭遇しても蔑んでいる感はない。

戦局が悪くなればなるほど、一部の幹部は酒に溺れる。いざという時の、自害方法だけは確保した上で。

風向きが悪い状況下で、素に近いヒトラーの姿が垣間見れる。秘書を始め、周りの人間に気も使う。一方で、降伏せずに攻め続けることや、対ユダヤ人への態度については頑なで、裏切った部下たちへの怒りは、わかりやすく周りの人間にも伝えられる。
(その、怒りを伝えているシーンが、総統閣下シリーズのシーンなわけだ)

最後の12日間だけのヒトラーを見ると、なぜ周りの人間はこの人に付いていっているのか、わからなくもなる。心ある部下に再三提案されても、国民の犠牲に対しては一切の同情はない。カリスマ性も感じられない。

最も印象に残ったシーンは、ゲッペルス夫妻の妻(コリンナ・ハルフォーフ)が、睡眠薬で眠らせた五人の子どもの口に、毒薬のアンプルを入れ、顎に手を添えて噛ませて殺すシーン。掛け布団で顔を隠す、すると布団の下から足が見えるところをカメラは追う。静かに手際よく、悲しい表情はするが涙はない。静かなシーンだけに、彼女の胸中を察して、胸に迫るものがあった。

なお、旦那のほうのヨーゼフ・ゲッベルス(ウルリッヒ・マッテス)のビジュアルがなかなか強烈で夢に出てきそう。なだぎ武にどことなく雰囲気が似ている。

本作の良さは、脚本・演出に加え、ヒトラーを演じるブルーノ・ガンツの演技に依る部分が大きいだろう。役者が演じているようには、到底見えず、入り込んで見ることができた。2時間半も決して長くは感じさせない作品だ。

製作総指揮:クリスティーネ・ローテ
製作:ベルント・アイヒンガー
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:ベルント・アイヒンガー
原作:ヨアヒム・フェスト / トラウドゥル・ユンゲ / メリッサ・ミュラー
撮影:ライナー・クラウスマン
美術:ベルント・レペル
音楽:シュテファン・ツァハリアス
衣装:クラウディア・ボブジン
特撮:ヤン・クルップ / トーマス・ツァウナー
出演:ブルーノ・ガンツ / アレクサンドラ・マリア・ラーラ / コリンナ・ハルフォーフ / ウルリッヒ・マッテス / ユリアーネ・ケーラー / ハイノ・フェルヒ / クリスティアン・ベルケル / マティアス・ハービッヒ / トーマス・クレッチマン / ミヒャエル・メンドゥル / アンドレ・ヘンニッケ / ウルリッヒ・ノエテン / ビルギット・ミニヒマイアー / ロルフ・カニース / ユストゥス・フォン・ドーナニー / トルステン・クローン / ゲッツ・オットー
配給:ギャガ
公開:2004年9月16日(独)、2005年7月9日(日)
上映時間:156分
 
【世間の評価】
CinemaScape: 3.7/5.0(113人)  ※2016.1.26時点
Yahoo! 映画: 4.08/5.00(282人) ※2016.1.26時点
IMDb: 8.3/10(236,743人) ※2016.1.26時点
 
@Amazon Prime Video