ガメラ

特撮モノはほぼ見た事がない中、ちょうど疲れ気味だったこともあり、あまり考えずに見れそうなジャンルだということで、評価が高かった本作を観てみることにした。

その判断に間違いはなかった。

物語がスタートしてさほど時間が経たないうちに、ガメラやギャオスが登場するなど、まどろっこしい前置きもないし、中だるみもない。

「ガメラ」、「ギャオス」という名前が、締まりがなくてちょっと笑ってしまうのは避けられないが。

1995年の作品とはいえ、「ジュラシック・パーク」より後の作品だから、時代的にはCGの時代に入っているはず。その割には、ジオラマっぽさが如実に出ていたりと時代を感じさせる。逆に言うと、そういう作りものっぽさが垣間見れることで、ホッとさせられるところもあり、肩の力を抜いて楽しめる作品といえる。

 - ad -

伊原剛志の人の良さそうな、純朴そうな役柄が、ちょっとバカっぽくって、特撮ものに合っている気がした。

中山忍も人類の存亡がこの人にかかってるわりには頼りないが、気の強そうな眼差しが印象的で、悪くはない。

ガメラとマガタマで通じ合い、憑依しているような役目の浅黄(藤谷文子)も、押し出しが強過ぎず弱過ぎず、好印象。

細かいところは気にせずに、勧善懲悪ものを無邪気に楽しむのもたまにはいいだろう。

ゴジラしかりガメラしかり、日本が世界に誇る特撮モノだからね。

gamera_en
こちらは、バージョン違いのパッケージデザイン。

製作総指揮: 徳間康快
製作: 池田哲也 / 萩原敏雄 / 澤田初日子
監督: 金子修介
脚本: 伊藤和典
撮影: 戸澤潤一
美術: 及川一
音楽: 大谷幸
特撮: 樋口真嗣
出演: 伊原剛志(米森良成、海上保安庁巡視船「のじま」一等航海士) / 中山忍(長峰真弓) / 藤谷文子(草薙浅黄、くさなぎあさぎ) / 小野寺昭(草薙直哉、浅黄の父。八洲損害保険社員) / 螢雪次朗(大迫力、長崎県警の刑事) / 本田博太郎(斎藤雅昭、環境庁審議官) / 長谷川初範(佐竹、自衛隊一等陸佐) / 本郷功次郎(巡視船「のじま」船長) / 松尾貴史(タクシー運転手) / 袴田吉彦(道弥、長峰の後輩) / 坂野友香(雪乃、浅黄の友人) / 渡辺裕之(大野、自衛隊三等陸佐) / 渡辺哲(富士裾野の自衛隊指揮官) / 風吹ジュン(買物の主婦) / 夏木ゆたか(テレビリポーター) / 石井トミコ(スーパーのおかみさん)
主題歌: 爆風スランプ「神話」
製作会社: 大映
配給: 東宝
公開: 1995年3月11日(日)
上映時間: 95分
 
【世間の評価】 ※2016.5.6時点
CinemaScape: 3.7/5.0 (194人)  
Yahoo! 映画: 4.14/5.00 (121人)
IMDb: 7.0/10 (1,804人)
 
@Amazon Prime Video