hk

通常なら観ないタイプの映画だが、続編まであるという点、ジャケットのインパクトに惹かれ、気軽に見れそうと思いチョイス。

良くも悪くも、監督の福田さんっぽい子どもっぽさが溢れている。
“変態仮面”といっても、大人から見た「変態」ではなく、子どもから見た「変態」。
漫画が原作というのも納得。

鈴木亮平は頑張っていた。
ハマり役とも言える。
hk_01
ただ、敢えてこうなんだろうが、鈴木亮平も学生姿だと冴えない。

ヒロインは、ちょっと前に世間を賑わしていた清水富美加。
彼女がなんとも微妙なライン。まずビジュアル的には髪型が良くない。
典型的な清純押しなキャラクターだというのはわかるが…
あと、演出の問題だと思うが演技がひどい。
メインキャストではない、友だち役のコのほうに自然に目がいってしまうほど。

変態仮面となった鈴木亮平は輝いていた。
よくこの役を引き受けたもんだ。
hk_02
オーソドックスなポーズではあるが、筋肉とマスクとパンツでバランスがとれている。
hk_03
銀行強盗に対して。いいねー、このポーズと構図。

そして、片瀬那奈がサイコー。
hk_04
もっと出演場面を増やしてほしかった。

ギャグ系の少年漫画の悪役だから仕方ないんだろうが、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗をああ使うか…
もともと個人的に嫌いではない役者さんだが、嫌悪感を抱いてしまった。

変態仮面と片瀬那奈の二人への個人的評価は高いだけに、なんかもったいない。

でも、この続編も作られているんだもんなあ。
癖になるのかなあ。
なんとなくわかる気もするが。

 
<<追記>>
LINEスタンプがあることを知り、つい買ってしまった。
なんだかんだいって、この作品の魅力に自分もハマってしまったのか…

製作総指揮: 加藤和夫、村上比呂夫、鈴木仁行、川崎岳、小林智浩
製作: 間宮登良松、百武弘二、宮路敬久
監督: 福田雄一
脚本: 福田雄一
脚本協力: 小栗旬
原作: あんど慶周『HENTAI KAMEN』(集英社文庫コミック版刊)
撮影: 工藤哲也
美術: 松塚隆史
音楽: 瀬川英史
主題歌: MAN WITH A MISSION「Emotions」
衣装: 神波憲人
特撮: 松井祐一
出演: 鈴木亮平(色丞狂介、変態仮面)、清水富美加(姫野愛子)、片瀬那奈(色丞魔喜)、ムロツヨシ(大金玉男)、安田顕(戸渡)、佐藤二朗(真面目仮面)、池田成志(色丞張男)、塚本高史(刑事)、岡田義徳(自殺志願の男)、大東俊介(さわやか仮面)、大水洋介(細マッチョ仮面)、平子祐希(男気仮面、モーホー仮面)、木南晴夏(ワイドショーのキャスター)、高畑充希(ワイドショーのレポーター)、大石吾朗(ワイドショーのコメンテーター)
編集: 栗谷川純
製作会社: 変態仮面製作委員会
配給: ティ・ジョイ
公開: 2013年4月6日
上映時間: 105分
 
@Amazon Prime Video