ikari

李相日の監督作は『フラガール』しか観ていないが、かなり好きな作品だし、原作の吉田修一は『悪人』を観てみたいとずっと思っていたし、映画好きの知人も本作にかなりの衝撃を受けていたので、高い期待とともに映画館に足を運んだ。

 
冒頭。八王子の住宅での殺人事件現場から話はスタートする。現場には“怒”の血文字が残り、容疑者の自宅には、壁やらチラシやらに胸に渦巻く怨念のようなものが殴り書かれている。

つかみはOK。

観客の意識はピンと張りつめさせられ、東京、沖縄、千葉の3か所でのストーリーが展開する。
3つのストーリーがどうつながるのか、殺人の犯人は誰なのかを常に気にしつつ観ることになる。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

結局のところ3つのストーリーは、殺人事件の犯人かもしれない2件と、実際の殺人犯の1件という構造ではつながるものの、お互いに絡み合ったりはしない。

また、犯人が誰かというのも、さほど重要ではない気もする。(もちろん別の人が真犯人となってしまうとストーリーも変わってはくるが)

それ以上に重要なテーマは、人を信じるということ。
信じたいけれど、信じきれないこと。そして信じきれなかった自分を恨むこと。
もしくは、信じた結果、裏切られて傷つくこと。
みずからの無力さを感じること。

これが、まあまあ重い。
三つストーリーがあることにより、一つ一つの話がドーンと重くのしかかってくるわけではない。少しずつ異なる、三つの話が相乗的に気持ちに覆いかぶさってくるような印象。

高い脚本の構成力が感じられる。

 
この映画で特にフィーチャーされるのは3人。直人(綾野剛)を信じられなかった優馬(妻夫木聡)。米兵に暴行された泉(広瀬すず)を救えず、また、信じた田中(森山未來)に裏切られた達哉(佐久本宝)。そして、田代(松山ケンイチ)を信じられなかった愛子(宮崎あおい)。
面白いのは、もっと違う深い苦しみをいだいていた(もしくは今後抱えていく)であろう直人や、泉、田代ではないということだろう。
さらにいうならば、殺人事件の被害者関連の人物は話題にすら上らない。

なお、予想に反して、この映画は絶望ばかりを描いているわけではなかった。
ikari_03
この二人には、微かな光がある。

ikari_06
ラスト近く、島の浜辺で叫ぶ光。彼女に”光”はあるのだろうか。

各登場人物の内面について様々な想いを巡らせてしまうし、脚本・演出にも不満はない。役者陣も素晴らしい。
しかしそれでも、「やられた感」、つまり良い意味での驚きが少なかったため、高い評価とは行かなかった。

役者陣の印象

名の知れた役者たちが揃っており、その演技を見るのも、この作品の楽しみ方の一つだろう。

家出をし、歌舞伎町で風俗嬢をしていた愛子を演じる宮崎あおい。可愛さを抑えた雰囲気作りに驚かされた(役作りのために7Kgも太っていたという)。ちょっと頭は悪そうだが、一途に人を思う姿を好演。
ikari_02
慟哭する愛子。写真が見つからなかったが、横から撮ったショットで、下顎を震わせながら泣いている表情に目が釘付けになった。凄い役者だ。

無力なしょぼくれた中年ながらも、娘の愛子を思う父を、渡辺謙はしっかり演じ切っている。

優馬役の妻夫木聡はどんな役をやっても、妻夫木くん。そういう意味でキムタクみたいだ。
綾野剛はドラマ・映画を通じて初めて見たが、繊細なゲイの役(直人)を自然に演じているように見えた。
ikari_01
二人のラブシーンが注目されているが、それよりも、こういった自然な二人が醸し出す優しい雰囲気に惹かれた。

内地(沖縄以外の日本)から母とともに沖縄に越してきた光(広瀬すず)、直人とは施設育ちの幼馴染である薫(高畑充希)はともにチャーミングで華を添えていた。特に高畑充希は取り乱すシーンもなく綺麗な役所だったので、その可愛いさにリアリティが感じられなかったが。
ikari_05
反則的な可愛さの薫。施設で育った感ゼロ。

本作が映画デビューとなった佐久本宝演じる達哉は、訛りに違和感がなかったが、やはり沖縄出身だった。

刑事を演じるピエール瀧も安定している。もう、電気グルーヴの人だとは思わせない、風格のある役者である。

端役ではあったが、取り調べで犯人の山神が自らに語っていたことを嬉しそうに話す男を演じる水澤紳吾には狂気を感じた。

そして、もっとも強烈だったのは田中(森山未來)。オンとオフの切り替え。ほとばしる感情。本来は線が細い体格だと思うが、ガテン系な仕事をしているとしても不思議ではないパワーを感じた。
ikari_04
はしゃぐ光と、それを眺める田中。田中の優しい眼差しが印象的。このロケ地となった島のまわりの海も綺麗だった。

※雑感・備忘録

優馬と直人が、優馬の母の墓参りにいくときに上る坂。そこから海が見える。
これは『歩いても 歩いても』で出てくる墓地と同じところだろうか。上るのは大変そうだが、景色が良くて墓参りも楽しそう。

達哉とともに那覇に出てきていた光が田中を見つけた場所は、自分が子ども時代によく通っていた小路だった。それが嬉しかった。

製作総指揮: 山内章弘
製作: 市川南
監督: 李相日
脚本: 李相日
原作: 吉田修一
撮影: 笠松則通
美術: 都築雄二 / 坂原文子
音楽: 坂本龍一
衣装: 小川久美子
出演: 渡辺謙 / 森山未來 / 松山ケンイチ / 綾野剛 / 広瀬すず / 佐久本宝 / ピエール瀧 / 三浦貴大 / 高畑充希 / 原日出子 / 池脇千鶴 / 宮崎あおい / 妻夫木聡 / 水澤紳吾
 
【世間の評価】 ※2016.9.26時点
CinemaScape: 4.0/5.0 (11人)  
Yahoo! 映画: 3.78/5.00 (2,125人)
IMDb: 7.2/10.0 (78人)
Rotten Tomatoes(Critics): -/10.0 (-人)
Rotten Tomatoes(Audience): -/5.0 (5人)
 
@TOHOシネマズ渋谷