invictus

南アフリカの大統領、ネルソン・マンデラ。

彼の名前は知っていても、彼のバックグラウンドや功績についてはまったくと言っていいほど知らなかった。
南アのナショナルラグビーチームが、白人黒人の融和に大きな役割を果たしたことも。

何十年も思想犯として投獄されたのち、釈放されて大統領となった、マディバことネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。
長年のアパルトヘイト政策により、白人と黒人の間の溝はあまりに深い。
マディバ本人もそれをもちろん痛感している。

「インビクタス 負けざる者たち」のあらすじ

1990年、アパルトヘイトに反対し27年間思想犯として投獄されていたネルソン・マンデラが釈放される。そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。アパルトヘイト撤廃後も、白人と黒人の人種対立と経済格差は依然として解消されず、いまだ分断状態にある国家。マンデラは「過去は過去であり、赦しなくしてこの国の未来はない」と政府の官僚や職員達に説き、ボディーガードチームも黒人と白人の混成チームとなった。一方、南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は当時低迷期にあり、黒人選手もわずか1人という状況だった。ラグビーはアパルトヘイトの象徴として、多数を占める黒人の国民のあいだでは非常に不人気なスポーツだった。マンデラはこのチームこそが南アの白人と黒人の和解と団結の象徴になると考え、翌95年に南アで初開催されるラグビーW杯を国民融和の絶好のチャンスと捉える。そして、チームの主将フランソワ・ピナールをティータイムに招いて交流を図っていくが…。

対白人への積年の怨念や邪念をはねのけ、赦す心で対応するマディバ。
リーダーとしての矜持、心がけ。それはラグビーチームのキャプテン、フランソワ(マット・デイモン)にも強く影響を与える。

ストーリー自体も美しく、素直に感動を呼ぶ。
しかし、主役二人のキャラクター設定ならびに、ストーリー展開自体があっさりとしており、物足りなさが残る。
ラグビー一つでどうにかなるほど、楽観的な状況ではないはずだ、あの国は。
それを知っていると気楽に観てはいられない映画でもある。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

どちらかというと控えめな演技に徹していたモーガン・フリーマン。彼が演じるマディバの、大統領としての立ち振る舞い、柔らかい物腰の中での強い信念を持つ姿は、申し分ない。
マディバの信念、”I am the master of my fate, I am the captain of my soul”には、自分も心を動かされた。
invictus_05
女性スタッフの衣装をこまめに褒めるなど、マンデラの人となりが伝わるシーンは散見されたが、基本的に大人物過ぎて、やや人間味を感じにくかった。家族との問題のところで少しだけ気持ちがブレた程度だろうか。

もう一人の主役であるフランソワを演じるマット・デイモンも影は決して濃くなかった。
invictus_06
ただし、この映画に向けて鍛えたのか、身体が分厚くなっていたのには目を見張った。

警護チームや、ラグビーチームが一つになっていく様を通じて、国の一体感を表現するというのは悪くない。
invictus_04
最初はピリピリしていた白人黒人混合の警護チーム。彼らが打ち解けていく様もひとつの見所だった。

スポーツ好きの自分としては、スポーツがストーリー展開に大きく関与してくるというだけで、心が弾む面があることは否めない。
invictus_03
スクラムシーンは上から撮っても、下から撮っても絵になる。
invictus_01
ラグビーワールドカップのナショナルチームが、チーム全員で一般道でランニングをするってのに驚いた。
一緒に走れた子どもにとってはいい思い出になるよね、間違いなく。
invictus_02
ボカの選手以上に強い印象を放っていたのが、オールブラックスのジョナ・ロムー(ザック・フュナティ)。プレーシーンも堂々たるものだった。

 
イーストウッド映画に漂う、アクの強さのようなものはあまり感じない作品だった。

 
最後に、バージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
invictus_jp
日本語版。なんか、これだと何の映画だとわからんよ……損している気がする。

製作総指揮: モーガン・フリーマン、ティム・ムーア、ゲーリー・バーバー、ロジャー・バーンボーム
製作: クリント・イーストウッド、ロリー・マクレアリー、ロバート・ロレンツ、メイス・ニューフェルド
監督: クリント・イーストウッド
脚本: アンソニー・ペッカム
原作: ジョン・カーリン
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
音楽: カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
衣装: デボラ・ホッパー
特撮: コーデル・マックィーン、ジェフリー・ハンコック、マイケル・オーウェンズ
出演: モーガン・フリーマン(ネルソン・マンデラ)、マット・デイモン(フランソワ・ピナール)、トニー・キゴロギ(ジェイソン・シャバララ、大統領警護班リーダー)、パトリック・モフォケン(リンガ・ムーンサミ、大統領警護班、黒人)、マット・スターン(ヘンドリック・ボーイェンズ、大統領警護班、白人、小太り、スラブ系顔立ち)、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(エチエンヌ・フェデー、大統領警護班、白人、ロシア系顔立ち、ゴツい)、アッジョア・アンドー(ブレンダ・マジブコ、側近の女性)、マルグリット・ウィートリー(ネリーン、フランソワの妻)、レレティ・クマロ(メアリー、側近の女性の一人)、パトリック・ライスター(フランソワの父)、ペニー・ダウニー(フランソワの母)、スコット・リーヴス(もしくはスコット・イーストウッド、ボカの選手)、シボンギレ・ノジラ(ピナール家のメイド)、ボニー・ヘナ、ザック・フュナティ(ジョナ・ロムー、オールブラックス)、グラント・L・ロバーツ(ルーベン・クルーガー、ボカの選手)、Refiloe Mpakanyane(ジェシー、ジェイソンに大統領の予定表を渡す女性)
編集: ジョエル・コックス、ゲイリー・D・ローチ
配給: ワーナー・ブラザース
公開: 2009年12月11日(米)、2010年2月5日(日)
上映時間: 132分
製作費: $60,000,000
興行収入: $122,233,971
キャッチコピー: ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。
 
@Amazon Prime Video