jinseinikanpai

知人(♀)のお勧め。
珍しいハンガリー映画。舞台もおそらくハンガリー(調べたら、ブダペストを中心にハンガリーがロケ地のよう)。

老夫婦が主役。
夫のほうは80歳を過ぎており、ほんとに老人老人していて、リアリティがやたらあって、時々ちょっとせつなくなるほど。

そのリアリティさにより、動きがまどろっこしいところもあり、展開はスピーディに進んでいく割に、なんだかゆったりとした印象。

最近別れたばかりの警察官の男女二人がどうなるかが、ストーリーとともに進んでいく描き方も悪くない。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

いくら30年間運転手をやっていたとはいえ、80過ぎたじいさんの運転で警察をまけるというのは、映像からみても現実味はなかったが、無計画な強盗でもつかまらなかったり、他にもおとぎ話要素は多いので良しとしよう。

捉えていた女警官を解放して、老夫婦の乗った車は道を封鎖していた警察車両に全速力で突っ込み、炎上。

このシーンは、言葉を失わせるパワーがあった。
なかなかの映画を女性の知人が勧めてきたよなと思ったら、その後があった。

そりゃそうだよな。
そんな悲しいエンディングの映画は勧めないよね。

捉えられていた女警官が、子供の診察に来た病院の待合室で、テレビを見ながら回想しつつ、ふと笑顔になる……
見事なエンディング。

製作総指揮:カーロイ・フェーエル
製作:モニカ・メッチ / エルネ・メステルハーツィ
監督:ガーボル・ロホニ
脚本:バラージュ・ロヴァシュ / ジョルト・ポジュガイ
撮影:ペーター・サトマーリ
美術:バラージュ・フベール
音楽:ガーボル・マダラース
衣装:ヤノーシュ・ベルケル
出演:エミル・ケレシュ / テリ・フェルディ / ユーディト・シェル / ゾルターン・シュミエド
 
【世間の評価】 ※2016.1.21時点
CinemaScape: 3.5/5.0 (31人)  
Yahoo! 映画: 3.98/5.00 (161人)
IMDb: 7.2/10 (445人)
 
@DVD