甘い生活
フェリーニの作品を観るのは、おそらく、「8 1/2」、「道」に次いで3作目。
記憶が朧ろ気だが、前に観た二作とも、なんじゃこれはという印象だった。

それでも本作を観ようと思ったのは、イタリアに住み、フェリーニ作品を愛してやまない作家の塩野七生氏が、特に好きということで。

 
本作は俗っぽく、夢か現かのようなシーンも少ないし、ストーリーらしきものはあるっちゃあるし、フェリーニワールドを堪能しやすい映画というだけあって、それなりに楽しめた。

男女間の機微が描かれ、お金持ちやスターたちの生活の内幕を垣間見、さらには当時のローマの空気感が感じられた。

2時間40分を超す長い尺の作品。
よくわからないシーンもある。
が、わからないシーンだらけでは決してない。そういう意味では退屈な映画ではなかった。

とはいえ、全体を通して何が言いたいのか理解することはできなかった。
なんというか、考えるのではなく感じる映画なのだろう。

以下、出演者の印象と、気になるシーンなど。(ネタバレ含む

 - ad -

マルチェロ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、前半部はカッコよく見えたが、だんだんと冴えなく見えてくる、不思議なキャラクター。
(普通は逆の映画が多いだろう)

女性陣はそれぞれ印象的。アメリカから来た巨乳で自由奔放な女優シルビア(アニタ・エクバーグ)。富豪の娘マダレーナ(アヌーク・エーメ)、 婚約者のエンマ(イヴォンヌ・フルノー)。キャバレーで踊り子をやってるフランス娘のファニー(マガリ・ノエル)。ラストに印象的に登場するパオラ(ヴァレリア・チャンゴッティーニ)、等々。

特に印象に残ったは、魅惑的なマダレーナの目。
ladolcevita_01
今でいうなら、ローラに魔性性を加えた感じだろうか。

チラシやDVDのパッケージデザインを見ても、もっともフィーチャーされているのは、シルビア。
ladolcevita_02
有名なのは、泉(あれがかの有名なトレヴィの泉なのか!)に服のままで入っているシーンだと思うが、個人的には、この踊っているシーンが好き。

ladolcevita_03
ショー好きな自分としては、マルチェロが父親(アンニバレ・ニンキ)と友人のカメラマンであるパパラッツォ(ウォルター・サンテッソ)と行く、キャバレー「チャチャチャ」のショーシーン(上の写真)が、短くはあったが楽しかった。
(このシーンで、父親がシャンパンの”ヴーヴ・クリコ”を入れようと言うのだが、これはプロダクトプレイスメント?とかつい余計な事を考えてしまった)

本題とはまったく関係ないが、冒頭でマルチェロらがヘリから、豪邸の屋上で水着姿で戯れる女性たちを眺めるシーンがあるが、その女性のうちの一人の腋毛が処理されていなかったのに、時代を感じつつ印象に残った。
(後ほど、海外のブログ等をいろいろと見てみたところ、短いシーンではあるが、同様の印象を少なからぬ人に残していることを知った)

 
とりあえず、わからない部分もあり頭の中がスッキリとはしていないので、DVDの解説映像を観てみようかと思ってはいる。
【追記】解説の映像はなく、単なるテキストでの簡単な解説に過ぎなかった。仕方がないので、海外のレビュー等を見てみて理解を深めよう)

製作総指揮: フランコ・マグリ
製作: ジュゼッペ・アマート / アンジェロ・リッツォーリ
監督: フェデリコ・フェリーニ
脚本: フェデリコ・フェリーニ / エンニオ・フライアーノ / トゥリオ・ピネッリ / ブルネロ・ロンディ
原案: フェデリコ・フェリーニ
撮影: オテッロ・マルテッリ
美術: ピエロ・ゲラルディ
音楽: ニーノ・ロータ
衣装: ピエロ・ゲラルディ
出演: マルチェロ・マストロヤンニ(Marcello) / アニタ・エクバーグ(Sylvia, actress) / アヌーク・エーメ(Maddalena) / イヴォンヌ・フルノー(Emma, fiance) / マガリ・ノエル(Fanny, french dancer) / アラン・キュニー(Steiner) / ウォルター・サンテッソ(Paparazzo) / アンニバレ・ニンキ(father) / レックス・バーカー(Sylvia’s husband) / ナディア・グレイ(Nadia, strip) / ジャック・セルナス(Sernas, celebrity) / リカルド・ガローネ(Riccardo) / レネ・ロンガリーニ(Steiner’s wife) / ヴァレリア・チャンゴッティーニ(Paola, waitress) / ニコ(Nico)
配給: イタリフィルム(日)
公開: 1960年2月5日(伊)、1960年9月20日(日)
上映時間: 174分
 
【世間の評価】 ※2016.5.18時点
CinemaScape: 3.8/5.0 (214人)  
Yahoo! 映画: 3.96/5.00 (70人)
IMDb: 8.1/10 (48,179人)
 
@DVD