likesomeoneinlove

アッバス・キアロスタミ監督作。
彼の作品を観るのは相当久しぶり。

 
舞台は日本。役者もオール日本人キャスト。

とにかく不思議な話。
ストーリーがわからないという意味ではなく、空気感が変わっているという意味で。
観たことがない、こういうテイストは。

主要な登場人物は三人。

芸大で昔社会学を教えていた爺さん・渡辺タカシ(奥野匡)、
コールガールのようなバイトをしている大学生・明子(高梨臨)、
そして、明子の恋人である樋口ノリアキ(加瀬亮)。

その中で、一番スポットが当てられているのは、渡辺と明子の関係性。
しかし、説明が十分ではない。
説明がまったくないわけではない。その塩梅が独特。

ワンショットワンショットが長め。それぞれのショットに明確な意味があるのかどうかはわからないが、ついつい考えてしまう。

なかなかな個性派作品。
キアロスタミ、やっぱおもろい。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

ヒロイン明子を演じる高梨臨。
初めて目にした役者さんだが、魅力的に映った。
likesomeoneinlove_04
渡辺宅へ向かうタクシー。夜の都会のネオンがガラスに映り美しい。
明子はイヤフォンでおばあちゃんの留守電を聞いているのだが、てっきり、オレオレ詐欺か何かの偽おばあちゃんかと思ってしまった。
そのぐらい、留守電に不自然さがあった。
likesomeoneinlove_01
渡辺邸にて。お仕事モード全開で、愛嬌を振りまく明子。
likesomeoneinlove_05
翌日。メイクを落として、だいぶ幼い印象の明子。
仕事モードでないこともあり、前日の夜とは別人。

渡辺と明子は、実の祖父と孫娘のようではあるが、確かなことはわからない。
日本版のチラシやDVDパッケージ(↓一番下に写真あり)には、渡辺が明子に恋心をいだいているとあるが、果たして本当にそうなのだろうか。
もちろん好意はあるだろうが、「かりそめの恋を夢見る」という印象とは違って見えた。

 
アキコの彼氏役を演じる加瀬亮。
空手経験ありで、キレやすい役柄。
浮気を疑う明子に対し、店のトイレに行ってタイルの数を数えさせる。このあたりの偏執ぶりはなかなか。
likesomeoneinlove_06
狂気がにじみ出ている。つくづく、いい役者だ。

likesomeoneinlove_02
車の中のスリーショット。居心地の悪そうな明子。
ちなみのこの車はボルボだが、冒頭の明子が乗るタクシーだったり、この映画では車に乗っているシーンが多い。

他の登場人物の中では、コールガール業のとりまとめ的な立ち位置にいるでんでんの存在感が光っていた。『冷たい熱帯魚』でもそうだったが、彼の粘着質な威圧感は半端ない。
また、渡辺の隣家のよく喋るおばちゃん鈴木美保子がいい味出していた。

ラスト。一気に盛り上がり、ドンと幕が降ろされる。
「え? ここで終わりなの?」と、取り残される観客。

あらためて振り返っても、この映画の不思議さが再認識されるのみ。

キアロスタミ監督が昨年亡くなってしまったのが悔やまれる。
まだ観ていない他の作品も、おいおい観ていきたい監督だ。

 
最後に、バージョン違いのDVDパッケージデザインを紹介。
likesomeoneinlove_jp
日本語版。おじいさんをフィーチャーしている。
「84歳、かりそめの恋を夢みた」か。
このフレーズを作品を観る前に見ていたら、印象も変わっていただろう。

製作: 堀越謙三、マラン・カルミッツ
監督: アッバス・キアロスタミ
脚本: アッバス・キアロスタミ
撮影: 柳島克己
美術: 磯見俊裕
出演: 奥野匡(渡辺タカシ)、高梨臨(鈴木明子)、加瀬亮(樋口ノリアキ)、でんでん(ヒロシ)、森レイ子(なぎさ)、大堀こういち(タクシー運転手)、辰巳智秋(整備工)、岸博之(教え子)、春日井静奈(なぎさの友人)、窪田かね子(明子の祖母)、鈴木美保子(隣のおばさん)
主題歌: エラ・フィッツジェラルド「Like Someone in Love」
編集: バーマン・キアロスタミ
製作会社: ユーロスペース、MK2
配給: ユーロスペース
公開: 2012年5月(カンヌ国際映画祭)、2012年9月15日(日)
上映時間: 109分
 
【世間の評価】 ※2017.3.2時点
CinemaScape: 4.2/5.0 (24人) 
Filmarks: 3.6/5.0 (840人) 
Yahoo! 映画: 3.51/5.00 (68人)
IMDb: 7.0/10.0 (7,565人)
Rotten Tomatoes(Critics): 7.2/10.0 (90人)
Rotten Tomatoes(Audience): 3.3/5.0 (3,810人)
 
@DVD