mother

殺人の追憶』で衝撃を受けた、ポン・ジュノ監督作。これも女友達に勧められた作品。

ちょっと頭が弱い息子トジュン(ウォンビン)と、だからこそ子離れがまったくできていない母親(キム・ヘジャ)。

殺人をした記憶などないトジュンが、その頭の弱さゆえに、警察でうまくまるめこめられ、供述書的なものに拇印を押してしまう。
前半部は、トジュンの警察への対応のダメさ加減にイライラさせられっぱなし。

母親は、息子の無実を晴らすべく身体を張って奮闘、奔走する。
母を演じるキム・ヘジャが顔にインパクトのある役者ゆえ、彼女が必死に頑張れば頑張るほど、強烈なビジュアルイメージが植え付けられる。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

母が真犯人と信じるジンテ(チン・グ)の家に忍び込み、洋服ダンスに隠れて、ジンテが彼女(チョン・ウヒ)とセックスして寝込むのを待ち、周りは明るい中、二人が寝てる横を抜き足差し足で通り抜けようとするシーン。古典的かつ無謀な試みのドキドキさせることといったら。

そして、同じく真犯人と目される廃品回収のオヤジ(イ・ヨンソク)の家を訪れる向こう見ずさ。呆れつつも、ハラハラさせられる。

冒頭で、母は枯れ草生い茂る原っぱでひとり、黙々と踊る。
印象的なシーンだから、観客はあれは何をしていたのだろうとうっすらと気になり続けるわけだが、そのシーンの意味合いは、ラストで明らかになる。

よくできている脚本である。

全体の構成も素晴らしいし、細かいトリッキーな設定も散りばめられており、飽きも来ない。

例えば、米餅少女と呼ばれるアジョン(ムン・ヒラ)。「餅をつく」という表現。セックスの最中にしりとりをするジンテとミナ。写真に映った顔の修正を写真屋(チョン・ミソン)に依頼する殺されたアジョンの友人の女子学生(イ・ミド)。携帯とマッコリを交換するというアジョンの発想。親孝行ツアーなるツアーバス内で踊り狂うオバちゃん参加者達。そして、太もものツボに鍼をうって、過去の嫌なことを忘れる母。

サスペンス色も強いが、それを盛り上げているのは、母のアップを多用するカメラワークだろう。周りが見えないことで、観ているほうはドキドキする。また、冒頭で母が指を切って怪我をする、薬草(?)を切る裁断機のようなものが、もう一度後半で出てくると観客は気になってしょうがなくなる。本筋には影響しないが、この辺りが非常にうまい。

と、脚本、演出ともに素晴らしい。観て損はない映画。

であるのだが、とにもかくにも母の顔のインパクトが強すぎて、いやー、いい映画だったよとは心から言いずらいのも確か。
つまり、キャスティングが、個人的に自分には刺さらなかった作品だった。

 
<<追記>>
時間が経ってから、あらためてキム・ヘジャの顔を見てみると、いい顔しているなーとは思うんだけど、観てる最中はちょっとツラいんだ。

製作総指揮:ミッキー・リー
製作:ムン・ヤングォン
監督・原案:ポン・ジュノ
脚本:パク・ウンギョ / ポン・ジュノ
撮影:ホン・ギョンピョ
美術:リュ・ソンヒ
音楽:イ・ビョンウ
衣装:チェ・ソヨン
出演:キム・ヘジャ / ウォンビン / チン・グ / ユン・ジェムン / チョン・ミソン / チョン・ウヒ / ソン・セビョク / イ・ミド / キム・ジング / ムン・ヒラ / イ・ヨンソク
配給:ビターズ・エンド
公開:2009年5月16日(仏)、2009年5月28日(韓)、2009年10月31日(日)
上映時間:129分

@DVD