映画 立候補 マック赤坂

ドキュメンタリー映画を観るのはいつ以来だろう。去年観た『BiSキャノンボール』もドキュメンタリーではあるが、だいぶ趣きは異なる。

映画全体から見れば(夕張ファンタスティック国際映画祭に招待もされてはいるほどではあるが)、知名度が高い作品ではないだろう。観ようと思ったきっかけは、雑誌POPEYEの映画特集での紹介文が、どこか心にひっかかったから。

通常の娯楽映画とは大きく異なるが、時々は、こういったものも観ておかないとなと、再認識。

 
朧げな記憶から言うと、自分の中のザ・ドキュメンタリー映画である『ゆきゆきて、神軍』よりはおとなしく、生々しさは少なく、映像のつなげ方や撮り方もキレイで、作り物っぽく感じられる。

しかし、逆に、おとなしいからこそのリアルさもあり、観ている最中ずっと、ムカムカ感、どんより感がつきまとう
(『ゆきゆきて、神軍』は激しすぎて、作り物以上にリアリティが感じられなかった)

それはひとえに、メインの出演者であるマック赤坂氏が発する、やや粘着的な異物感に起因する。当選に向けて真剣にやっているのだろうけど、真剣だからなおさら生理的にキツい。

 - ad -

300万円の供託金を払わないと立候補できず、得票数が少ないと供託金は没収される。果たして、得票数がいくら以下だと没収されるのだろうか。
(気になって調べてみたら、都道府県知事の場合、有効得票総数の10分の1が基準。この、2011年の府知事選挙では10分の1以上の得票数を集めたのは上位2名だけだった。)

他の立候補もそうだが、泡沫候補と呼ばれる、冴えない彼らは、何を目的に300万円を払って、端から見ると適当極まりない選挙活動をしているのだろうか
「負けるとわかっていても、立候補しないと変わらない。だからやる」、という気概はわからないことはないが、この映画を見ても、彼らの気持ちの本当のところは伝わって来なかった。それか立候補者側が原因なのか、作品の編集サイドの原因なのかはわからないが。

同じ供託金を払いながら不平等だとマック氏は言うが、そもそもの基本姿勢が違い過ぎて、得も言われぬ気持ちになる。平等なのか、不平等なのかの判断材料も足りない。ただ、逆に、政権放送が平等に流れることは、当たり前なのかもしれないが、凄いことにも感じられた。

マック氏は、選挙区外の京都にまで足を伸ばし、車が行き交う交差点のど真ん中でパフォーマンスを敢行し公安がやってきたり、母校である京大では、学祭の邪魔だと学生に非難され激高する。公職選挙法で守られているのはわかるが、それを盾にやりたい放題。人間性を疑われても仕方ない行動。一方、橋本徹や安倍晋三の演説の前では、なすすべがない。「真面目な話をしても聞いてくれない。踊れば立ち止まってくれる」。それはそうかもしれないが、そこから脱却しなくていいのかい。

それにしても、主要三候補の次、大きく得票数は落ちるものの、それでも各2万票以上の票を彼らが集められる不思議さよ
マック氏はまだわかるが、それ以外の人に投票する人がそんなにいるとは。特に四位に入った岸田氏はいったいどんなバックグラウンドの人なのか。映画の中でも、顔にはモザイク、音声も変えられ、受け答えの内容やその姿も尋常ならざるものを感じた。
むしろ、マック赤坂が最下位だったのが意外だった。映画だと、生理的にはキツくても、投票する人も結構いるのではと思っていたが、実際の府民の印象はまた違うものなのだろう。

 
都知事選挙で一躍有名になった外山氏のインタビューは面白かった。政権放送は今見てもキレッキレで素晴らしい。インタビューに答える彼は、政権放送と違って落ち着いた、普通の人だった。感性は依然として鋭そう。脚本や演出などの、モノを作る仕事をさせたら面白そうな印象。

また、あいりん地区のおっちゃんらに誰に投票するかインタビューするのも興味深かった。住民登録が抹消され選挙権がない人も多いというのは驚きだった。

 
何はともあれ、普段考えないことを考えさせてくれる作品。嫌悪感が緩やかに刺激され続けるが、POPEYEの紹介文を読んでの直感のとおり、観てよかったと思える作品だった。

監督:藤岡利充
製作・撮影:木野内哲也
音楽:田戸達英(主題曲)、岩崎太整、佐藤ひろのすけ
出演:マック赤坂、羽柴誠三秀吉、外山恒一、高橋正明、中村勝、櫻井武、岸田修、戸並健太郎、白川豊則、橋下徹、松井一郎、安倍晋三

@DVD