munich

アラブとユダヤの戦い。
そこにハッピーエンドなんてないことを知っているから、淡い期待を抱きながら観ることはできない。
だから、常に気が晴れない。

ミュンヘンオリンピックでイスラエル選手団の11人が人質に取られ、殺されてしまう。
それに関わった11人を暗殺するためにチームが組まれる。

チームリーダーのアヴナー(エリック・バナ)が主人公だが、その特殊チームは、彼を含め、経験がないとはいわないまでも豊かな人材ともいえないメンバーで構成される。

彼らが手馴れてるとまで行かないから、前半は手に汗握りっぱなし。

後半は、暗殺の遂行に行き詰まり、追い込まれて行くチームの面々。そして一人、また一人と殺されたり、事故で死んだりしていく。

「ミュンヘン」のあらすじ

1972年9月5日未明、ミュンヘン・オリンピックの開催中、パレスチナの過激派組織「黒い九月」がイスラエルの選手団宿舎を襲撃、最終的に人質となったイスラエル選手団の11名全員が犠牲となる悲劇が起きた。これを受けてイスラエル政府は報復を決め、テロの首謀者とされる11名のパレスチナ幹部の暗殺を計画する。その作戦遂行役として、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームが組織され、リーダーとしてアヴナーが抜擢される。身重の妻を残しヨーロッパへ飛んだ彼は、爆弾製造や書類偽造などに秀でた4人の仲間と共に暗殺を遂行していく。

期せずして、つい先日観た『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』と同じくスピルバーグの監督作だが、本作のほうが主要な登場人物が多いということもあり、一人ひとりのキャラクターを丹念に描いており、生々しい。観終って時間が経っても、脳裏に焼きつく登場人物の面々。

2時間40分の長めの尺で、その世界観をたっぷりと楽しめる作品だ。
惜しむらくは、ラスト近くになり勢いが殺されてしまう展開となるところ。

数ヶ月前に観た、『カルロス』の名前も、メンバーらの会話に出てくる。完全に敵というわけではないが、味方でないことは間違いない。時代がかぶる話で、違った側面から当時を知ることができた。

ミュンヘンオリンピックといえば、日本ではコマネチを思い出す人が多い気がするが、こっちの事件のほうが本来は印象に残る話。
知っておくべき史実だ。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

表立っては当時表明してはいないが、そもそもイスラエルが国家の極秘プロジェクトとして、この計画を進めたという事実に驚く。
munich_11
神の怒り作戦 (Operation Wrath of God) と称される、このプロジェクトを承認したゴルダ・メイア首相(リン・コーエン、一番右)。
女性の首相というのにも驚いたが、国家としての存立をかけて他国とわたりあっていかなければならないという断固とした態度にハッとさせられた。

召集されるメンバー。なぜにアヴナーがリーダーとして選ばれたのかはピンと来なかった。
munich_05
モサド側のアヴナーとの窓口を務めるエフライムを演じるジェフリー・ラッシュ。
ジェフリー・ラッシュと言うと、『英国王のスピーチ』を想起してしまうが、本作でも強い印象を残した。
munich_02
初めてメンバーが揃った日(?)。アヴナーは得意の料理を振舞う。
munich_14
エフライムもまじえての食卓。ワインが並んでいるあたり、テロリストとはいっても日常でもオシャレだ。
munich_15
メンバー5人がきれいに1枚に収まっているショット。

メンバーの中で、一番自分が印象に残ったのは、アヴナーではなくカール(サイアラン・ハインズ)。アヴナーはむしろ印象が薄い。
munich_09
カールは顔つきもテロメンバーっぽくないうえ、着るものもきちっとしていて目を引く。
しかしそのカールは、ハニートラップの女(マリー・ジョゼ・クローズ)に殺されてしまう。ここは脇の甘い男っぽくて面白い。

そのオランダ女を殺しに向かう残された三人。
munich_01
仕込み銃のようなもので殺したあと、アヴナーははだけた衣服を整えてあげるが、それをハンス(ハンス・ツィシュラー、右から2人目)は放っておけと言い、整えた衣服を元に戻す。
半裸の状態で絶命している、パッと見、醜くさえある女の姿のインパクトが強い。
内容が内容だけに不思議はないが、強く印象に残るシーンの一つだ。
munich_13
ちょっと前には、ホテルのバーでこのとおり魅力を振りまいていたのに。このギャップたるや、恐るべし。
munich_06
ハンスも後になって服を直してあげなかったことを後悔し、心を病み、結局死んでしまう。おそらく自殺したということだろう。

爆弾の解体は専門なものの、爆弾を作ったことはないにもかかわらず、作れると答えメンバーに入っていたロバート(マチュー・カソヴィッツ)も、愛すべきキャラクターだった。
彼が作った爆弾は、使えないこともあったが、手作り感が満載で、もっと作るのを見たいと思ったほど。

007のジェームズ・ボンドとしても有名なダニエル・クレイグは意外と影が薄い役柄だった。

 
暗殺チームメンバー以外では、ヨーロッパでの情報源のルイ(マチュー・アマルリック)が、風貌と醸し出す雰囲気で強く印象に残る。
なじみがある顔だなあと思っていたら、つい最近観たばかりの『潜水服は蝶の夢を見る』の主人公と同じ役者だった。
munich_10
ルイに送られて車(シトロエンDS)から降りるアヴナー。

ルイは大概、犬の散歩(を装って?)がてら、情報を伝えに来る。
夜、閉店しているが明かりがついていて中のキッチンが見える店の前で落ち合う二人。
munich_17
ルイに、「こんなキッチンの家に住めるよ」と言われる。
構図といい、話の内容といい、印象に残るシーンだ。

munich_08
目隠しをされ、シトロエンDS(惚れぼれする!)で、リーダーであるルイの父親が住む場所へ案内される。
ルイはアヴナーに反感をいだいていたが、父親は許し歓待する。
munich_07
庭で話すパパとアヴナー。
殺しなどの裏の仕事を取り仕切っている立場でありながら、花や植物を愛すパパのキャラクターが表れている。
munich_12
庭にて、アヴナーも含め家族で食卓を囲む、ヨーロッパっぽいシーン。
このファミリーはフランス人。『地獄の黙示録』でも感じたが、日本人からするとオシャレでスカしてるイメージが強いフランス人だが、大陸の中のパワーバランスの中心の一国でありつづけている彼らは、なんというかいろんな苦労をしてきているんだなということが、あらためて感じられた。

munich_16
帰りにパパがアヴナーを見送る際、おまえが息子だったらなあ。しかしファミリーではない。そのことを忘れるなとの言葉をかける。
この言葉の力の強さ。

munich_04
ルイが隠れ家をダブルブッキングしたことで、緊迫した場と化す。
munich_03
そこで出会った、PLOのアリ(オマー・メトウォーリー)とアヴナー。気持ち良い構図。

 
繰り返しになるが、ラスト近く、アヴナーが職務を離れてからは緊張感もややなくなり、パラノイア気味になるところのみが印象づけられ、勢いが殺されてしまった感あり。

 
最後に、バージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
munich_another
どうでもいい話だが、このジャケットから勝手な勘違いでトム・クルーズ主演作だと思っていたが、そんなことはなかった。そこは救われた。

製作: キャスリーン・ケネディ、バリー・メンデル、スティーヴン・スピルバーグ、コリン・ウィルソン
監督: スティーヴン・スピルバーグ
脚本: トニー・クシュナー、エリック・ロス
原作: ジョージ・ジョナス『標的は11人 モサド暗殺チームの記録』
撮影: ヤヌス・カミンスキー
美術: リック・カーター
音楽: ジョン・ウィリアムズ
衣装: ジョアンナ・ジョンストン
特撮: グレゴワール・ドゥラージュ、ジョス・ウィリアムズ、パブロ・ヘルマン
出演: エリック・バナ(アヴナー)、ダニエル・クレイグ(スティーブ、南アフリカ出身、ドライバー)、サイアラン・ハインズ(カール、元イスラエル兵士、掃除屋)、マチュー・カソヴィッツ(ロバート、ベルギー出身のおもちゃ製作職人、爆弾製造)、ハンス・ツィシュラー(ハンス、文書偽造)、アイェレット・ゾラー(ダフナ、アヴナーの妻)、ジェフリー・ラッシュ(エフライム、グループへ指示を出す)、ジラ・アルマゴル(アヴナーの母親)、マイケル・ロンズデール(ルイの父親)、マチュー・アマルリック(ルイ)、モーリッツ・ブライブトロイ(アンドレアス、アヴナーの友人)、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(シルヴィー)、メーレト・ベッカー(イヴォンヌ)、マリー・ジョゼ・クローズ(ジャネット、ハニートラップ)、イヴァン・アタル(トニー)、アミ・ワインバーグ(ツヴィ・ザミール将軍)、リン・コーエン(ゴルダ・メイア首相)、マクラム・コーリー(ワエル・ズワイテル、最初のターゲット)、イーガル・ナオール(マフムッド・ハムシャリ、2番目のターゲット、電話に爆弾を仕込む)、モステファ・ジャジャム(フセイン・アル=シール、3番目のターゲット、キプロスのホテル、ベッドに爆弾を仕込む)、ジョナサン・ローゼン(エフード・バラック)、メーディ・ネブー(アリ・ハッサン・サラメ)、Oded Teomi(モサドの会計担当、領収書を渡せと繰り返し言う)、Mouna Soualem(マフムッド・ハムシャリの娘、ピアノを弾く)、オマー・メトウォーリー(アリ、隠れ家のダブルブッキングで出会ったパレスチナ人)
編集: マイケル・カーン
製作会社: アンブリン・エンターテインメント、ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給: ユニバーサル(米)、アスミック・エース(日)
公開: 2005年12月23日(米)、2006年2月4日(日)
上映時間: 164分
製作費: $70,000,000
興行収入: $130,358,911
キャッチコピー: わたしは正しいのか?1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された 深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>
 
@Amazon Prime Video