sicario

メキシコの麻薬戦争の惨状を伝える作品。
今もなお、この世の中にこんな世界が存在しているということに暗澹たる気持ちになる。

冒頭から緊張感が漂い、手に汗握らせてくれる。
間をとった映像が、より不気味さを増幅させる。

キャストも良い。主演のケイト捜査官を演じる、エミリー・ブラントも悪くはないが、なんといっても、謎のコロンビア人、アレハンドロを演じるベニチオ・デル・トロの存在感が凄まじい。

彼は映像を通してみても、自然と背筋に冷たいものが走るほどの迫力を備えている。

「ボーダーライン」のあらすじ

FBIの誘拐即応班を指揮するケイト捜査官は、ある日麻薬絡みの人質救出で突入したアジトで衝撃を受ける。そして彼女は上層部の思惑を受け、肥大化するメキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務を帯びたアメリカ国防総省の特殊部隊にスカウトされる。こうして特別捜査官マット・グレイヴァーの指揮のもと、謎のコロンビア帰りの男アレハンドロともに国境を越えてメキシコのフアレスに向かったケイト。米軍精鋭兵士と一緒に麻薬組織の幹部を連行する任務につくが、そこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。

脚本、演出、役者ともに素晴らしい。
しかし、一番の問題は、この映画に救いがないという点。
タイプは違うが、『セブン』と通じるような救いのなさ。

シティ・オブ・ゴッド』でも”救いのなさ”は感じたが、あの作品には子どもの無邪気さがあった分ましだ。
この点により、★4つまでは届かなかった。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

冒頭からかましてくれる。
sicario_01
人質救出で突入したひどいありさまのアジト。まさに人柱。トラウマになりそう。

上層部の思惑があり、特殊部隊のメンバーに召喚されるケイト。
そこで登場してくるのが、部隊を率いるマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)と、謎のコロンビア帰りの男アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)
sicario_03
左が胡散臭い特殊部隊のリーダー。そして右がアレハンドロ。この2人の傍若無人っぷりが作品に華を冴えていた。
sicario_10
本作では、アレハンドロを演じるベニチオ・デル・トロの印象があまりに強い。

一方のケイト(エミリー・ブラント)。
彼女は特殊プロジェクトにスカウトされるだけあり、能力も高く、精神面でもプロフェッショナルだ。(そのうえ美しい!)
sicario_02
見せしめの意味も込めて、殺害された死体が橋などから吊り下げられていたりという、フアレス市内の荒れた環境を目の当たりするケイト。

この不安そうな眼差しに現れているとおり、頼りなさも併せ持つ。
そこにこの作品の人間味が集約される。
sicario_04
象徴的に挟まれる、ケイトが血を洗い流すシャワーシーン。
これはあくまでイメージショット的な扱いだろう。
sicario_08
やめていたタバコも、このストレスフルな任務についたことで再会。
(なお、このエミリー・ブラントが、まさか『プラダを着た悪魔』で第一秘書をつとめるエミリー役のあの女性だとは!?見違えるビジュアル。これぞ女優!という変わりっぷり。)

sicario_06
ケイトの相棒レジー(右、ダニエル・カルーヤ)は、良い顔をしていて、もうちょっと話の中心に絡んでくるかと思いきや、出番が少なく残念だった。
彼がケイトに、「仕事ばかりしていないで新しいブラジャーを買え」と言うくだりは、二人の関係性、ケイトのキャラクターを表していて面白かった。

 
全編を通して、緊張感を落とさないプロット、撮り方が見事。

まずは前半、フアレスからアメリカに護送するシーン。
sicario_05
メキシコアメリカの国境付近。渋滞しているさまを空撮することで、緊迫感が高まる。
銃撃シーンそのものよりも、この空撮の絵が印象に残る。

緊張感の高まりのピークは、暗視スコープをつけての国境トンネルシーン。
sicario_07
日没後の薄明の時間帯に国境をまたぐ麻薬運搬用のトンネルを襲撃する特殊部隊。美しい空の色。

sicario_11
アレハンドロが、家族とともに夕食中の麻薬王ファウスト・アラルコン(フリオ・セディージョ)と対峙。
自らの家族はアラルコンの指示で殺されたことを知り、家族全員射殺するアレハンドロ。
このシーンにも、緊張感、残忍性、哀しみetc..いろんな空気が流れている。

sicario_09
この親子はどう絡んでくるのかずっと気になっていたら、警察官の父親(マキシミリアーノ・エルナンデス)がメキシコ側での麻薬運搬に関わっていた。あっさりとアレハンドロに打ち殺されてしまう。映画のラストシーンでは、父亡きあとも、相変わらず荒れた環境の街で息子がサッカーをやっている様子が映される。

 
メキシコの一部の街の恐ろしさを痛感させてくれる映画だ。
私自身の話だが、2000年頃に、アメリカ・テキサス州のラレドという街から、国境を渡ってメキシコのヌエボラレドという街に半日ほど遊びに行ったことがある。その時は危険な目にも合わなかったし、そんな雰囲気も感じなかったが、今調べると、ヌエボラレドも麻薬抗争のど真ん中に位置する街で、最近もこの映画のようにバンバン人が殺されているそうで、報道機関も麻薬抗争のニュースを流すと襲われるため、報道を自粛しているそう。能天気に遊びに行っていた若かりし日の自分が恐ろしい。

映画のラスト近く、アレハンドロがケイトを訪ね、銃で脅して文書にサインさせ、「狼の街からは離れろ」「法の秩序が保たれている小さな街にいけ」と言うシーンがあるが。ケイトに限らず、ほとんどの捜査関係者(そして、現実には報道関係者にも)に伝えたいアドバイスだろう。

 
最後に、バージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
sicario_jp
日本語版。現地での銃撃戦などは感じにくいマイルドなデザイン。

製作総指揮: ジョン・H・スターク、エリカ・リー、エレン・H・シュワルツ
製作: ベイジル・イヴァニク、エドワード・マクドネル、モリー・スミス
監督: デニ・ヴィルヌーヴ
脚本: テイラー・シェリダン
撮影: ロジャー・ディーキンス
美術: パトリス・バーメット
音楽: ヨハン・ヨハンソン
衣装: レニー・エイプリル
出演: エミリー・ブラント(ケイト・メイサー、FBI捜査官)、ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ、コロンビア人)、ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー、国防総省)、ダニエル・カルーヤ(レジー・ウェイン、ケイトの相棒)、ビクター・ガーバー(ケイトの上司)、ジョン・バーンサル(テッド、レジーの友人、警官)、ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング、マットの友人、デルタフォース隊員)、ラウル・トゥルヒロ(ラファエル)、フリオ・セディージョ(ファウスト・アラルコン、麻薬王)、マキシミリアーノ・エルナンデス(シルヴィオ、メキシコ州警察、麻薬の運び屋)、ハンク・ロジャーソン(フィル・クーパーズ)、ベルナルド・サラシーノ(マニュエル・ディアス、メキシコでアレハンドロに脅されながらアラルコン邸まで運転)、ケヴィン・ウィギンズ(バーネット)、エドガー・アレオラ(ギレルモ、ディアスの弟、拷問を受ける)、キム・ラリチオ(シルヴィオの妻)、ディラン・ケニン(デルタフォースのリーダー)、エド・ロティマー(銀行の支配人)、サラ・ミニッチ(バーでレジーとダンス)
編集: ジョー・ウォーカー
製作会社: ブラック・ラベル・メディア、サンダー・ロード・ピクチャーズ
配給: ライオンズゲート(米)、KADOKAWA(日)
公開: 2015年9月18日(米)、2016年4月9日(日)
上映時間: 121分
製作費: $30,000,000
興行収入: $84,872,444(内、日本で1億2000万円)
キャッチコピー: その善悪に境界(ボーダー)はあるのか
 
@DVD