–¼Ì–¢Ý’è-1

はじめてのsmallball。
はじめての名執健太郎(なとりけんたろう)。

男性にとってはサービスショット満載ともいえる演者の脱ぎっぷり。
ポツドールより毒がない分、エロい?

個人的には想像力を刺激するエロさのほうが好きだが
名執氏はそれを許してくれないようだ。

 
演者はいずれも魅力的。

白神さん
⇒いつものとおり。安心して見れる。

遠藤さん
⇒設定キャラクターを維持できてるのか、できていないのかの瀬戸際な感じがハラハラさせる

宮嶋さん
⇒パワフル!なぜ水着?

深谷さん
⇒今回は顔演技が注目されるような演出。もっと他のキャラを見てみたい。

石井さん
⇒今回一番オイシイ役。あ~男ってこういうキャラクター好きだよなっていう典型。この方も違うキャラに期待。

男性役者陣もメインの女性陣を引き立たせる、良い力加減。

いい役者が集まるってのは、作演の力ってことなんだよな、きっと。

 
総評としては、
役者もいいし、話に引き込む力もあるんだけど、、、
セックス、ドラッグ、バイオレンスの
3種の神器を使いながら
その3つに関しては想像力をあまり刺激しない
演出にやや違和感あり。

あと、ラストのトーンが
やたら空っとしてるな、と。

そのあたりが、ポツドールと似ているようで
骨子の部分が全然違うものだと強く感じたところ。

いずれにせよ、1作じゃよくわからないので、
もう1作見てみたいと思わせる劇団。

@王子小劇場

脚本・演出:名執健太郎
出演:白神美央、遠藤留奈、宮嶋美子(風琴工房)、深谷由梨香(柿喰う客)、石井舞、石澤彩美、大塚麻央、富田恭史(jorro)、河西裕介(国分寺大人倶楽部)、尾倉ケント(アイサツ)、後藤剛範(害獣芝居)
2008/07/04(金) ~ 2008/07/14(月) 王子小劇場にて上演