tabisureba

アイピット目白にて観劇。

映像や舞台のセリフや演出で、最初ちょっと聞くだけだと寒いんだけど、最後まで聞いたり、もしくは繰り返し聞いたりすると面白くなってくるものってよくある。

しかし、この舞台では、最初は寒くて、結局最後まで寒いセリフや演出が際立っている

 - ad -

とはいえ、終演後に思うのは、ストーリーに斬新さがない場合、はたからみると寒い演出でも、それが他の芝居との差を生み出す個性になっていることは間違いないということ。

これで演出が普通になってしまうと、この劇団の存在価値がなくなってしまうのではないかと、逆にこの演出こそが強みなのかも、と思えるようになった。

不思議な劇団だ。

脚本・演出:佑里沢満人
出演:大口達也、田中美穂、室野尚武、宮健一、足立紀子、富岡利佳子、清水智香子、八木橋里沙、大矢三四郎、島田雄一郎、吉田ミサイル(吉田ミサイルの世界)
音響:花澤孝一
照明:宮崎正輝
舞台監督:藤田有紀彦
写真撮影:米沢耕
映像撮影:怪奇うひょ蔵(大江戸騒査動乱隊)
 
@アイピット目白