thebucketlist

末期のガンに侵された老人二人の話。

この設定に、ちょっと身構えてしまった部分はある。泣かされそうだなと。

とはいえ名優二人。悪い映画になるはずがない。
特にエドワードを演じるジャック・ニコルソンが良かった。根は悪くないが、プライドが高く、口も悪く、器用でない様がうまく出ている。

「最高の人生の見つけ方」のあらすじ

家族のために地道に働いてきた自動車整備士であり雑学に詳しいカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人が入院先の病室で知りあい、共に余命6ヶ月の宣告を受ける。奇妙な友情で結ばれた2人は死ぬまでに叶えたいことリスト(bucket list)を作り、それを叶えるため病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが…。

エドワードのお金で、世界を旅するという常人離れした設定に、やや引いてしまった自分もいた。構成は決して悪くはないんだが、お金を使わず頭をもっと使った内容のほうが共感できただろう。

以下、ネタバレも含みつつ、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

病室で出会う対照的な人生を歩んできた二人。
thebucketlist_08
死にかけている状態だと、それまでどんな人生を歩もうが一様に頼りなく見える。

カーター(モーガン・フリーマン)は、学生時代に教授からBucket Listを書かせられたことを思い出し、書いてみる。
thebucketlist_02
Bucket List。そもそも”Bucket”はバケツの意味のはずで、なぜ”棺桶リスト”と呼ばれるのか不思議だった。
調べたところ、”kick the bucket”で死ぬという意味があり、それは自殺するときにバケツの上に上り、最後にバケツを蹴るからだと。
そこから、”Bucket List”で死ぬまでにしたいことリストの意味が生まれたようだ。
だとしても、日本語の”棺桶”は強い。文字数制限があるのはわかってはいるが。

Bucket listの一覧はこちら。

Witness something truly majestic(「荘厳な景色を見る」)
Help a complete stranger for the good(「赤の他人に親切にする」)
Laugh till I cry(「涙が出るほど笑う」)
Drive a Shelby Mustang(「マスタングを乗り回す」)
Kiss the most beautiful girl in the world(「世界一の美女にキスをする」)
Get a tattoo(「タトゥーを入れる」)
Skydiving(「スカイダイビングをする」)
Visit Stonehenge(「ストーンヘンジを訪れる」)
Spend a week at Louvre(「一週間ルーヴル美術館で過ごす」)
See Rome(「ローマを訪れる」)
Dinner at La Chevre d’Or(「ラ シェーヴル ドールでディナーをいただく」)
See the pyramids(「ピラミッドを訪れる」)
Get back in touch(もとは”Hunt the big cat”「ライオン狩りをする」とあったものを消して、この「家族に連絡をする」を付け加えた)
Visit the Taj Mahal(「タージマハルを訪れる」)
Hong Kong(「香港を訪れる」)
Victoria Falls(「ヴィクトリアの滝を訪れる」)
Go on a safari(「サファリへ行く」)
Drive a motorcycle on the Great Wall of China(「万里の長城でバイクを運転する」)
Sit on the Great Egyptian Pyramids(「エジプトのピラミッドに座る」)
Find the Joy in your life (「人生における本当の喜びを見つける」)

 
合成だかロケだかはわからないが、美しい景色のシーンが多いのも本作の特色の一つ。
thebucketlist_03
エジプトのピラミッド。
thebucketlist_04
サファリ。
thebucketlist_01
サファリを楽しんでる二人が楽しそうに歌を歌っている姿。歳をとっても人生を楽しめる人間でいたい。それは自分の”今”の過ごし方についても言えること。
thebucketlist_07
万里の長城をバイクで走る2人。実際に許されているのだろうか。

thebucketlist_05
香港では、エドワードがカーターのために美女をアサイン。バーで女性(ロイナ・キング)が話しかけてくるが、誘いを丁重に断るカーター。
thebucketlist_06
カーターが家族を大切に思っていることが伝わってくる一枚。

やたらと雑学に詳しいというカーターの設定は、「涙が出るほど笑う」の達成に生きてくる。
この項目については、”コピルアク”の話を知らない人の方が、この作品は楽しめるはず。非常に残念ながら、私は知っていた。

 
最後に、バージョン違いのチラシ・DVDパッケージデザインを紹介。
thebucketlist_jp
日本語版。あえて付け加える言葉なし。

製作総指揮: ジャスティン・ザッカム、トラヴィス・ノックス、ジェフリー・ストット
製作: ロブ・ライナー、クレイグ・ゼイダン、ニール・メロン、アラン・グライスマン
監督: ロブ・ライナー
脚本: ジャスティン・ザッカム
撮影: ジョン・シュワルツマン
美術: ビル・ブルゼスキー
音楽: マーク・シェイマン
主題歌: ジョン・メイヤー「Say」
衣装: モリー・マギニス
出演: ジャック・ニコルソン(エドワード・コール)、モーガン・フリーマン(カーター・チェンバーズ)、ショーン・ヘイズ(トマス、エドワードの秘書)、ロブ・モロウ(ホリンズ医師)、ビバリー・トッド(バージニア・チェンバーズ、カーターの妻)、アルフォンソ・フリーマン(ロジャー、カーターの息子)、ロイナ・キング(アンジェリカ、香港のホテルのバーでカーターと会話)、イアン・アンソニー・デイル(スカイダイビングインストラクター)、ジェニファー・デフランシスコ(エドワードの孫娘)
編集: ロバート・レイトン
配給: ワーナー・ブラザース
公開: 2007年12月25日(米)、2008年5月10日(日)
上映時間: 97分
製作費: $45,000,000
興行収入: $175,372,502
 
@Amazon Prime Video