sting
想像していた以上にスッキリさせてくれるエンディング。
ポール・ニューマンもロバート・レッドフォードも男前かつ魅力的。

途中途中に挟まれるイラスト仕立ての章扉画像。
これにほんわかした気持ちにさせられた。
しかし一方で、緊張感を奪ってしまっている気もした。

以下、ネタバレあり。

 - ad -

カフェの店員に殺し屋を配置してたところは驚かされた。
なぜ敵役が殺し屋を雇ってるのか一瞬わからなかったが、敵役は、殺そうとしている男と、競馬の詐欺を一緒に働こうとしている男が同一人物だとわかっていないということを、自分がすっかり忘れていたためだった。

伏線の張り方が見事。
一つ一つのシーンに意味がある。
お手本のような映画。

最後のレースで賭けた馬の名前はラッキーダン。
2000年代前半の日本のドラマ「やまとなでしこ」でも登場した名前。
きっとスティングへのオマージュだったのだろう。

製作:トニー・ビル / マイケル・フィリップス / ジュリア・フィリップス
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:デヴィッド・S・ウォード
撮影:ロバート・サーティース
美術:ヘンリー・バムステッド
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ
衣装:イーディス・ヘッド
出演:ポール・ニューマン / ロバート・レッドフォード / ロバート・ショウ / チャールズ・ダーニング / アイリーン・ブレナン / レイ・ウォルストン / ハロルド・グールド / ジョン・ヘファーナン / ジャック・キホー / ダナ・エルカー
 
【世間の評価】 ※2016.1.21時点
CinemaScape: 4.2/5.0 (878人)  
Yahoo! 映画: 4.58/5.00 (649人)
IMDb: 8.3/10 (165,590人)
 
@BD