thetaleofzatoichi

勝新の代名詞ともいえる有名作。
評価が高いものの、時代物が得意ではなく観るのをためらっていたが、尺が短いのもあって重い腰を上げようやく観ることができた。

 
ストーリーもさることながら、勝新演じる座頭市の殺陣にもともと注目していた。

しかし、実際のところは意外と地味な殺陣だった。勝新以外も含め、もしかするとリアルな殺陣なのかもしれないが、観ていてもいまいち盛り上がらず。

勝新の魅力は感じられる作品だけに、そこが残念ではあった。

以下、印象に残ったシーンを振り返る。

 - ad -

おそらく有名なシーンの一つであろう、冒頭の博打シーン。
thetaleofzatoichi_03
のほほんとしているように見える市が、飯岡の乾分(”子分”ではなくこう書くらしい)らを出し抜くのは爽快。

 
市と、飯岡の敵である笹川の用心棒・平手造酒(天知茂)との、釣りや、酒を通じての交流も、味わい深い。
thetaleofzatoichi_01
釣りってのがいい。

thetaleofzatoichi_02
飯岡を演じる柳永二郎(右から二人目)も悪そうないい面構えをしている。

いがみ合ってる相手方の笹川に勝ち、浮かれて祝杯をあげる飯岡。彼に対して市がブチ切れるシーンはなかなかの見どころ。
普段は目を閉じたままの市が、目をカッと見開いて、親分を叱責する。
その目は本当に目が不自由な人のような動きをする。迫力あり。

市におたね(万里昌代)が惚れるのもわからなくない。ただし、その好意の出し方が唐突過ぎる気はした。

最後、街道で待っているおたねに合わぬよう、道をはずれて歩く市の姿。ここは残念な気もするが、このラストも嫌いじゃない。

とはいえ、殺陣のガッカリ感、ストーリーの意外性の少なさから、低評価となってしまうことは避けられなかった。

監督: 三隅研次
脚本: 犬塚稔
原作: 子母沢寛
出演: 勝新太郎(座頭市)、天知茂(平手造酒・ひらてみき)、万里昌代(おたね、蓼吉の妹)、柳永二郎(飯岡助五郎)、島田竜三(笹川繁造)、三田村元(松岸の半次)、中村豊、南道郎(飯岡の乾分・蓼吉、博打で市に負け、市を殺そうとあとをつける。のちに市の世話役を命じられる)、千葉敏郎、守田学、浜田雄史、西岡弘善、細谷新吾、馬場勝義、結城要、舟木洋一、市川謹也、尾上栄五郎、堀北幸夫、福井隆次、千石泰三、谷口昇、小林加奈枝、真城千都世(半次の女房・お芳)、毛利郁子(繁造の女房・お豊)、山路義人(蓼吉の父親・弥平)、長岡三郎(西光寺住職・瑞念)
音楽: 伊福部昭
撮影: 牧浦地志
編集: 菅沼完二
配給: 大映
公開: 1962年4月18日(日)
上映時間: 96分
 
【世間の評価】 ※2017.1.10時点
CinemaScape: 4.2/5.0 (91人) 
Filmarks: 4.0/5.0 (387人) 
Yahoo! 映画: 4.23/5.00 (52人)
IMDb: 7.7/10.0 (3,519人)
Rotten Tomatoes(Critics): 7.2/10.0 (7人)
Rotten Tomatoes(Audience): 4.0/5.0 (1,859人)
 
@Amazon Prime Video