zebra
@シアタークリエ 3列 ¥9000

たま~に、こういう一般的に知名度が高い役者が
ずらずらと出演している芝居を
大きな劇場で見ると
小劇場演劇との値段の違いに愕然とさせられる。

映画と違って、上演期間も短いし
いい席は評判を聞いてからとっても遅いし
とはいって興行的な問題もあるだろうからあまり安くはできないだろうし。。。

個人的には、高いお金を払っても良いものを観たい人はいるんだから
こういった高い料金の芝居があっても良いとは思う。
ただ、その条件としては、料金に見合う内容にしてほしいということ。

 - ad -

今回の芝居は、決してひどい内容だったなんてことはさらさらなく
各役者の方々も魅力的ではあった。
とはいえ、普通のホームドラマであり
大きい劇場で観る必要が果たしてあるのか、と言われると若干疑問である。
大きい劇場での芝居では
相当なパワーを発しないと客席に臨場感は生まれにくい。

もちろん臨場感を感じさせるシーンがなかったわけではないんだが
¥9,000に値するほど強いかというと。。。。

檀れいの代役として入った次女役の星野真理の演技は素晴らしかった。
一方で三女役の静ちゃんの演技はところどころつらかった。
これは静ちゃんの演技力の問題というよりは演出側の問題だとは思うが。
舞台上ではTV以上に静ちゃんの大きさが目を引く。
その強いキャラクターがゆえに、普通に演技すると素のキャラクターが勝ってしまう。

作・演出:田村孝裕
出演: 
長女・康子:斉藤由貴
次女・奈央:星野真里
三女・薫:山崎静代(南海キャンディーズ)
四女・美晴:大沢あかね
康子の夫・由紀夫:入江雅人
薫の婚約者・梨田:今井ゆうぞう
美晴の夫・早川:是近敦之
美晴の友人・浅野:矢部太郎
柿沼紳一郎:村杉蝉之介
柿沼謙二郎:野本光太郎
母:和田ひろこ
所 美和子:江口のりこ