toystory2

最初の『トイ・ストーリー』を観たのは、もう20年ほど前になる。

さすがに内容は全くと言っていいほど覚えていないが、劇場まで観に行ったし、それまでには見たことがない面白いアニメだったことだけははっきりと覚えている。

久しぶりに童心を取り戻してみるのも悪くないかと思い、本作を手に取った。

 
ディズニーとピクサーが手を組んで作っているだけあって、安定感はバツグン。ストーリーの骨子はもちろん、細部にまでわくわくできる要素が散りばめられているぬかりなさには、感心するばかり。

ただし、子どもだったらハラハラするだろうであるいくつかのシーンも、今の自分が観ると、残念ながらそこまではハラハラさせられない。前作では強い印象を受けたはずなのに、約20年という時間の経過でだいぶ自分の感受性が変わったことを思い知った。ちょっと寂しい。

とはいえ、おもちゃたちが力を合わせて奮闘するさまは、見ていて微笑ましい。

 - ad -

好きなシーンもいくつもある。

ジェシー(『スクール・オブ・ロック』の校長役を演じていたジョーン・キューザックが声を演じている)が、昔は持ち主に愛されていたことを思い出すシーンで流れる歌には、ベタながらもグッと来た。

toystory2_02
バズが二人出て来て、新バズが意外と役に立っているというストーリーも悪くない。

toystory2_01
ウッディを救おうと我が身に降りかかる危険を顧みず敵地へ潜入すりおもちゃたち。表情がたまらん。

toystory2_03
飼い犬のBusterが天敵ではなく、おもちゃたちの味方だというのもクール。

出番は少ないが、緑色のペラペラのプラスチック製の軍曹も印象に残る。

 
と、まあ振り返ればいいシーンはたくさんあるのだが、刺激ジャンキーの自分向きではなかったということで。

製作総指揮: サラ・マッカーサー
製作: カレン・ロバート・ジャクソン / ヘレン・プロトキン
監督: ジョン・ラセッター
脚本: アンドリュー・スタントン / リタ・シャオ / ダグ・チャンバリン / クリス・ウェッブ
原案: ジョン・ラセッター / ピート・ドクター / アッシュ・ブラノン / アンドリュー・スタントン
撮影: シャロン・キャラハン
美術: ウィリアム・コーン / ジム・ピアソン
音楽:ランディ・ニューマン
声の出演: トム・ハンクス(Woody) / ティム・アレン(Buzz Lightyear) / ジョーン・キューザック(Jessie) / ケルシー・グラマー(Stinky Pete the Prospector) / ウォレス・ショーン(Rex the Green Dinosaur) / ジョン・ラッツェンバーガー(Hamm the Piggy Bank) / ドン・リックルズ(Mr. Potato Head) / アニー・ポッツ(Bo Peep, princess) / ウェイン・ナイト(Al the Toy Collector) / ジョン・モーリス(Andy) / ローリー・メトカーフ(Andy’s Mom) / エステル・ハリス(Mrs. Potato Head) / R・リー・アーメイ(Army Sarge) / ジョディ・ベンソン(Tour Guide Barbie / Barbie on Backpack) / ジム・バーニー(Slinky Dog)
製作会社: ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給: ブエナ・ビスタ
公開: 1999年11月24日(米)、2000年3月11日(日)
上映時間: 92分
 
【世間の評価】 ※2016.10.17時点
CinemaScape: 3.9/5.0 (448人) 
Filmarks: 3.8/5.0 (31,583人) 
Yahoo! 映画: 4.16/5.00 (485人)
IMDb: 7.9/10.0 (364,280人)
Rotten Tomatoes(Critics): 8.6/10.0 (163人)
Rotten Tomatoes(Audience): 3.5/5.0 (997,173人)
 
@BD