zokky

久しぶりの覗き部屋演劇「ZOKKY」、久しぶりの王子小劇場(裏)。

今回も、1タイトル毎、見たいタイトルを指定し(500円/タイトル)、順番を待つ。

個室に通されると、覗き穴がとりつけられた壁が迫ってくる。

その覗き穴から約5分の作品を鑑賞できる。

ストーリーは3本。
各タイトルは、「男と女」「君の胸に抱かれたい」「冥土の果て」。

正直なところ、話が面白いかというと、そうでもない。

しかし、たった一人の(覗き)観客のために芝居をしてくれる贅沢な空間。

そして、出演している女優陣がやたらと客に視線を絡ませてくる、特異な演出。
役者との距離も近いから、香水等の匂いや息づかいがダイレクトに感じられる。

だから、非常に印象に残る。

zokky_2_s例えば、「君の胸に抱かれたい」では、ピンクの風船を抱えている(おそらく畔上千春さんの)この絵面の印象が強くて、頭から離れない。

nozokiana_sそして、これがのぞき穴……

 
主催側はきっと儲からないと思うが、是非とも続けてほしい企画である。

 - ad -

脚本・演出:小林タクシー
出演:清水那保(DULL-COLOREDPOP)、畔上千春(ボーダビッチ)、佐々木なふみ(東京ネジ)、田中龍、大塚秀記、碓井清喜、小玉慶晴(ビッグアップル)
 
@王子小劇場